この国はきっと滅びる! 就活のバカたち 学生もバカなら、面接官も大バカ

2012年02月16日(木)
upperline

「企業側は口を揃えて『準備してきた答えだけでは、人柄や頭の回転が見えない』と言います。だから『自分を動物に例えなさい』といった奇抜な質問で瞬発的な思考力を測ろうとする。でも、これでは芸人に『一発ギャグをやれ』と言うのと同じで、その時面白い事を思いつくかどうか、運にも左右される。裏を返せば、これは面接官の質問力、受験者のことを掘り下げて聞く能力が低いことの証明なんです」(前出・辻氏)

 その言葉を裏付けるように、前出のIT企業採用担当者は、選考の内幕を愚痴っぽく話してくれた。

「一次、二次面接では人事以外の社員が二時間程度の研修を受けて、即席で面接官になることが多いんです。ほとんど素人といっていい。ですから、せっかくの答えに『ふうん』としか言えなかったり、話の腰を折ってしまう、的確な質問ができないといった〝ハズレ〟の面接官が少なくない。ハズレに当たったばかりに、残念な結果になってしまう学生さんもいる。正直、気の毒です」

 意味不明な質問をされた挙げ句に選考から漏れた就活生にしてみれば、たまったものではない。

 また、就活の現場を取材していると、企業面接以外にも奇妙な光景が目につくことがある。

 先月、男子学生を対象にした「就活メイク講座」を開いたのは、就職人気ランキング常連の資生堂。「面接での好感度をアップするため、身だしなみのサポートをする」のが目的という。

 その資生堂は、自社を志望する学生たちに「入社後、『美意識』『自立性』『変革力』を発揮できるかどうか」(広報部)を求めているらしい。しかし、同社の講座を受講してメイクをした男子就活生から、面接官が「美意識」や「自立性」や「変革力」を感じるかといわれると、疑問である。

 説明会で社員の熱烈な社長崇拝を目の当たりにし、ゾッとしたという話もあった。通信会社のS社を受験した女子学生が言う。

「社員と就活生数人の懇談会の席で、ものすごい美人の女性社員が『私は社長の大ファンで、著書を何度も読み返し、面接でもそれをアピールして受かったんです』と目を輝かせて語っていた。一体、この会社は学生のどこを評価して採用しているんだろうと、思わず引いてしまいました」

 マニュアル漬けの学生たちと、どこかピントのずれた大人たち。どっちもどっちと言いたくなる就活戦線の実情に、驚き呆れる読者も多いだろう。

 なぜ昨今の就活は、これほどまでに〝茶番劇〟となってしまったのか。

「企業の人事担当が優等生タイプを嫌うようになったことが、理由のひとつにあると思います」

 そう解説するのは、人事コンサルタントとして活躍する城繁幸氏だ。

次ページ 「優等生タイプとはテストが得意…
前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ