[BCリーグ]
信濃・猿渡寛茂コーチ「チーム内競争激化への期待」

 NPBでは“球春到来”とばかりに、2月1日から12球団一斉に春季キャンプがスタートしましたね。今シーズンの開幕はセ・パ両リーグともに3月30日です。その約1カ月後の4月21日には、BCリーグが開幕します。現在、選手たちは自主トレーニングの真っ只中。信濃グランセローズの室内練習場には、連日のように選手たちの声や、乾いた打球音が響き渡っています。今年の合同自主トレ、キャンプのそれぞれの解禁日は3月1日、4月1日です。それまでにどれだけ体を仕上げてくるか。それによってシーズンの戦いが変わってきますし、何よりも選手自身のシーズンにかける思いがわかります。つまり、BCリーグもシーズンはもう始まっているのです。

 信濃のコーチとして初めて過ごした昨シーズンですが、守備コーチとしての私の最大の仕事はエラーの数を減らすことにありました。2010シーズンの失策数はリーグワーストの104。この数を50以下にまで減らすことを目標に、基礎であるキャッチボールから始め、レベルアップ向上を図りました。しかし、結果は103のエラーを記録し、またもリーグワースト。「ピッチャーを中心に堅い守りで優勝へ」というチーム戦略を実行することができなかったのです。思うように守備を固めることができなかった理由の一つは、2人のベネズエラ人選手に大きな誤算が生じたことでした。当初、私はヘルナンデスにショートを、ペレスにサードを任せるつもりでした。ところが、オープン戦でヘルナンデスがケガを負い、一方のペレスはというと、予想していたよりも守備がいまひとつだったことから、5月半ばからはファーストへと回さざるを得ませんでした。

 そこで、頑張ってくれたのが松本匡礼(松商学園高-松本大)と今村亮太(佐久長聖高-東京経済大)です。オープン戦でケガをしたヘルナンデスの代わりに、開幕直前にショートにコンバートされた松本は、全72試合を守り抜いてくれました。また、一昨年に右肩を手術した今村も5月からようやく投げられるようになったことで、ペレスをファーストにコンバートし、本来は外野手である今村を肩への影響も考え、サードに置いたのです。慣れないポジションですから、エラーはあったものの、それでも今村はよく頑張ってくれたと思います。彼らの頑張りもあり、打撃好調だったチームは後期、残り3ゲームを残してマジック2というところまでいきました。しかし、結局は自分たちで崩れてしまったのです。「守り勝つ野球」の徹底が必要であることを改めて痛感したシーズンでした。