[野球]
上田哲之「惜別」

 人は誰でも永久保存しておきたい記憶を一つや二つは持っているものだ。野球観戦において、そういう試合のコレクションが一つ増えた。2011年10月29日。パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦。埼玉西武-北海道日本ハム戦。ダルビッシュ有の日本最終登板となった試合である。

 改めて、この試合のビデオを観る。観るほどに快感のようなものが湧き上がってくる。ダルビッシュが振りかぶって、左足を上げて、ステップして、投げる。このリズムが快感を生む。今年1月24日に札幌ドームで行なった退団会見のフレーズが思い起こされる。

――自分自身の試合ではどの対戦もどの球も全て全力で投げてきたので、これというのはない。

「どの球も、全て全力投球で」――少なくとも10月29日の西武戦に関して、この言葉に嘘はない。全球全力で投げている。ビシーっと腕を振る。体に巻きつくような軌道で、リリースポイントは、限りなく前、すなわち打者に近い。思わず、「理想的」という言葉がこみあげてくるが、彼のこれまでの道程を考えれば、あまりに安易か。

 この試合は、全球ハイライトシーンと言うべきだが、あえて、中でも印象的な投球を挙げるとしたら、2回表だろう。まずは、4番・中村剛也。

①ストレート 外角低目 153キロ ストライク

②スライダー 外角低目 空振り ストライク

 このボールは右打者の外側、横へ大きく曲がって、それて行った。中村もバットを止めようとしたが、スイングをとられてしまった。横のスライダーが大きく外へ曲がり過ぎるというのは、2009年の第2回WBCの時にも見えた傾向だ。WBCでは見送られてボールになり、苦しむ原因となっていた。

③もう一球スライダー ボールカウント1ボール2ストライクと追い込んで、さて……。

④真ん中高目にストレート154キロ空振り三振! この勝負は、2球目のハーフスイングをストライクにとられてしまったところで、終わりである。中村は、嫌でも外のスライダーとストレートを両方意識せざるを得なかった。