一次資料も読めず、日銀の言いなりになってバーナンキ発言をミスリードする日本のマスコミは、役所に飼い慣らされた「ポチ」

 政府の東日本大震災関連15会議のうち原子力災害対策本部(本部長・首相)など10の会議で議事録を作成していなかったことが、1月、明らかになった。

私は、この議事録問題の不始末に驚きあきれたので、国会の事故調査委員会に通報、情報提供した。政府でも調査員会があるが、会議は非公開で、事務局は役人ばかりだ。その点、国会の事故調は、会議は公開、事務局は民間の人ばかりなので、信頼できる。ここまで役人が地に落ちたのだ。私の知っている限りの官邸内の会議室などの状況を説明した。

 その際、重要なのは、一次資料のメモとボイスレコーディングだ。私も大臣補佐官の経験があるが、いつもポケットにはメモ帳を持っていた。役人がメモをとるのはイロハのイだ。重要な会議に出席できるのは限られた人だから、役所に帰れば必ず会議内容のメモを求められる。各省大臣が出席する会議には秘書官は必ず同行しているので、彼らのメモは必ずチェックすべきだ。

 長谷川幸洋さんが『現代ビジネス』に2月3日の記事で書いていた、官邸での経済財政諮問会議の話をしよう。私自身の経験をいえば、正式に経済財政諮問会議特命室メンバー(これは竹中平蔵経済相が作った組織で、諮問会議ペーパーのドラフトを書き、民間議員に説明する部署で、私の他、内閣府の数名がスタッフになっていた)になったのは2003年7月からだ。その後、2005年12月に竹中総務相補佐官、2006年9月から安倍総理補佐官補で、安倍総理退陣の2007年9月まで経済財政諮問会議の情報入手は容易だった。

もちろん会議に出席することもできたが、出るといろいろな人からメモを見せてくれと言われるのが面倒だったので出なかった。もちろん会議後に竹中さんらからすぐ連絡があり会議の中身はすぐわかったので執務の支障はなかった。ある省庁の幹部が、どうしても出席し省庁向けメモをとりたいと懇願するので無理矢理に座席を作ったこともある。

 実はメモだけでなく、会議関係者ならボイスレコーディングも聞くことができる。一般的に会議は音声記録する。あとで業者に依頼して議事録を作るためだ。会議室のカギを開けて設営をする人(幹部クラスでない人)が音声記録をセットする。