[ボート]
第一人者の武田がスポーツ仲裁機構に申立

五輪予選の代表選考に異議
会見で申立内容を説明する武田(右)と白井弁護士

 日本男子ボート界の第1人者で、1996年のアトランタ五輪から4大会連続で五輪出場を果たしている武田大作(ダイキ)が、ロンドン五輪アジア大陸予選会(4月、韓国)に臨む軽量級ダブルスカルの代表クルーから落選し、補漕となった結果を不服として、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に申立を行った。申立では日本ボート協会に今回の代表クルー内定取り消しと、選考レースのタイムを公表した上での再決定を求めている。3日、都内の岸記念体育会館で会見を開いた武田は、「タイムで選ぶという基準が最初に示されながら、最後に変更されたのは納得がいかない」と申立に至った理由を説明した。

プレーオフで好タイムも落選!?

 問題になっているのは、今回の五輪予選に向けて協会が採用した代表クルーの選考方法だ。武田は軽量級ダブルスカルでシドニー五輪、アテネ五輪でいずれも6位に入賞した実力者。ただ、近年はペアを組む相手を探すのに苦労し、五輪予選を兼ねた昨年8月の世界選手権には出場できなかった。そのため、4月のアジア大陸予選会(3位以内に五輪出場権)に照準を合わせ、昨年10月から11月にかけて実施された代表クルー合宿に参加した。

 協会では昨年9月に指導体制が一新し、従来の選考方法を改めた。その要領はボート協会のHPにも詳細に記載されており、最終選考に残った武田を含む6選手は、ペアを変更しながら10レースを実施。個々人の平均タイムの上位2名が代表となることが決まっていた。さらに2位と3位が僅差の場合は上位4名によるプレーオフレースを追加し、決着をつける方式が導入された。

 10レースが終了した時点で協会は結果が僅差だったとしてプレーオフ2レースの実施を発表。武田が組んだペアは、そのいずれのレースでも、もうひとつのペアより好タイムだった。ところがレース後のミーティングではプレーオフを含めたレースの記録は公表されず、武田は補漕となることだけが告げられた。しかも、選考10レースでは明らかに1位だったと思われる浦和重(NTT東日本東京)も代表から漏れていた。