[NFL]
杉浦大介「ジャイアンツとマニングは再び頂点に立てるか」 

第46回スーパーボウル展望
伝統チーム同士の対戦となり、今年のスーパーボウルの盛り上がりは例年以上だ。

 第46回スーパーボウルは、2008年の第42回と同じマッチアップとなった。近年はAFCを代表する強豪であり続けてきたニューイングランド・ペイトリオッツと、通算4度目の頂点を目指すNFCの雄・ニューヨーク・ジャイアンツが5日に激突する。ペイトリオッツが第1シードから順調に勝ち抜いてきたのに対し、ジャイアンツはワイルドカードながら快進撃。両チームのここまでの勝ち上がりの過程も4年前に酷似している。

 アンダードッグの快進撃を好むのはアメリカのファンも同じ。シーズン中は9勝7敗と平凡な成績ながら、プレーオフに入って第1シードのグリーンベイ・パッカーズ、第2シードのサンフランシスコ・49ersを敵地で連破してきたジャイアンツにニューヨーカーも熱狂している。ついに迎えるペイトリオッツとの運命的なリマッチを前に、ニューヨーク中のスポーツファンが独特の高揚感を感じ始めていると言ってよい。

直接対決ではジャイアンツが勝利

 ただひとつだけ4年前と違うのは、今回のスーパーボウルを前にして、ジャイアンツは圧倒的不利とはみなされていないことだ。2007-08シーズンのペイトリオッツはシーズン中から断然の強さで勝ち続け、スーパーボウル進出を決めた時点で18戦全勝と無敵の勢いだった。そのチームをジャイアンツが17-14で下した第42回スーパーボウルは、NFLのみならずアメリカンスポーツ史上に残る大番狂わせとして歴史に刻まれている。しかし当時と比べ、今回は戦前から“実力伯仲”という前評判が圧倒的だ。

 通算勝率こそペイトリオッツがはるかに上だが、昨年11月にペイトリオッツのホームで直接対決した際には24-20でジャイアンツが勝利している。しかもジャイアンツは7勝7敗で迎えた昨年12月24日のニューヨーク・ジェッツ戦以降、破竹の5連勝中。一方のペイトリオッツも10連勝中ではあるが、ボルチモア・レイブンズとのAFCチャンピオンシップでは地元開催ながら大苦戦も味わっている。戦況はほぼ互角か、時の勢いだけ考えれば、むしろジャイアンツの方が上回っていると言えるかもしれない。

「前回はどんな展開になるかはっきり言ってわからなかった。しかし今回は勝てるとわかっている」。ジャイアンツのRBブランドン・ジェイコブスは自信を隠さずにそう語り、さらにこう続ける。「ペイトリオッツの攻撃ラインは素晴らしいし、激しくプレッシャーをかけてくるはずだ。ただそのプレッシャーを少しでも緩和させてあげられることができれば、E(QBイーライ・マニングの愛称)が何かを起こしてくれるだろう」。その言葉に象徴されるように、エースQBマニングの勝負強さこそが、ジャイアンツファンが今週末の決戦を楽観的に捉えられている最大の要因なのかもしれない。