雑誌
週現スペシャル
億の収入がある人間たちの「本当の姿」
大金を稼ぐ仕事は幸せか

〔PHOTO〕gettyimages

 ●稼いでも稼いでも尊敬されないファンドマネジャーの嘆き ●「時給10万円」エリート弁護士たちの自己弁護 ●「米国民の敵」元・ヤンキース井川慶の悲劇 ●稼ぎすぎた金、さあどうやって隠そうか ●共通の悩みは「子供がドラ息子になること」

 カネだけで人は尊敬しない。そのカネで何をするかが大切なのだ。もうひとつ、そのカネをどうやって得たかも。カネさえあれば、幸せになれるわけでもない。だが、そう思っている人は少なくない。

周囲に白眼視されながら

 大金を稼ぐ仕事の恐ろしさを、かつてまざまざと見せつけた人物がいる。

 元プロ野球選手、川崎憲次郎(41歳)。大分・津久見高校からドラフト1位でヤクルトに入団、巨人キラーと呼ばれ'98年には沢村賞も獲得した。

 '00年オフ、中日へのFA移籍を決める。3年間は年俸2億円、4年目は出来高の大型4年契約だった。

 ところが'01年からの3年間、川崎はついに一球も一軍のマウンドで投げることができなかった。

「客観的に見れば、FAはハイリスクハイリターンの投資です。契約とはそういうものだから、球団から何か言われることはありませんでした。

 ただ、心の中は『申し訳ない』という気持ちでいっぱいでした。人間ですから『評価(年俸)に見合う仕事をしなければ』と当然思います。『もうもらったからいいや』とはならない。

 実際は右肩が痛すぎて、投げたくても投げられなかったわけですが、ファンからも厳しい声をかけられ、やっぱり外を大きな顔をしては歩けなかった。できるだけ外に出ないように、派手なことをしないようにしていましたね」