経済の死角

全国民必読 これからの日本を考えるヒント
みなさん、このまま沈みますか、それとも立ち上がりますか

「貿易収支」もついに赤字に転落このまま
ズルズルと「国際競争」で負け続けるのか

2012年02月06日(月) 週刊現代
週刊現代
upperline
輸出を待つ車の群れ〔PHOTO〕gettyimages

 毎日毎日、借金の話ばかり。かと思えば、大企業が次々に1万人規模のリストラ。カネもなければ、仕事もない。これが会社なら、とっくに倒産だろう。ギリシャやイタリアの危機は対岸の火事ではない。残された時間は少ない。なんとかしなければ。

 31年ぶりの貿易赤字に転落---1月25日、財務省は昨年1年間の日本の貿易収支が約2兆4900億円の赤字になったことを発表した。資源にも国土にも恵まれない日本はいままで外国に商品やサービスを売りまくることで生き延びてきたが、「貿易立国」の座から滑り落ちたことが明らかになった。

 1月18日、韓国・ソウル市内に立つシェラトンウォーカーヒルホテルにトヨタ自動車の豊田章男社長が同社の戦略車「カムリ」で乗りつけると、現場は沸いた。ホテルでは新型カムリの発表会が開催されていた。

 韓国紙・中央日報によれば現地では豊田社長の登場が知らされていなかったという。「巨艦」トップのサプライズ訪韓---その背後に「章男社長の焦りを感じる」というのは全国紙経済部記者だ。

「韓国での成否が、今後のトヨタを占う試金石になるからだ。カムリは米国で毎年30万台も売れる超人気車種。実は韓国で販売する新型カムリは日本ではなく、米国工場で生産したものを輸出する。米国産カムリを海外で販売する最初のケースで、円高の直撃を避ける狙いがあるのだが、これが失敗すればトヨタの海外戦略がつまずく可能性も否定できない。それだけに、章男社長は力が入っていたのだろう」

 経営者の顔に焦りが滲む。それはトヨタに限った話ではない。

 1月初旬、米ラスベガスで開かれた世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」(CES)では、サムスンやLGが液晶の「次」として期待されていた有機ELの55型テレビを年内に発売すると発表し、世界中のメディアのまばゆいフラッシュを浴びた。日本メーカーの技術者も、「画像の美しさに圧倒された」と驚きを隠さなかった。中国勢の台頭も目覚ましく、ハイセンスなど家電大手がインターネットに繋いで楽しめるスマートテレビを展示し、話題をさらった。

次ページ  パナソニックの大坪文雄社長は…
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ