[格闘技]
近藤隆夫「『UFC』は日本人スターを生み出す舞台!」

14年前、オクタゴンで輝き始めた桜庭和志
秋山ら日本人選手の戦いぶりにも注目が集まる

 UFCの日本開催(2月26日、さいたまスーパーアリーナ)が近づいてきた。日本でUFCが開かれるのは2000年12月の「29」(ディファ有明)以来、実に約11年ぶりである。今回は日本人ファイターも多数参戦。カードも早くから発表されており、選手たちもコンディションづくりに余念がない。好勝負が期待できそうだ。

印象に残る日本初開催

 さて、過去にUFC日本大会は4度行なわれているが、私にとって、もっとも思い出深いのは、97年12月21日、横浜アリーナで開催された『UFC JAPAN』。これがUFC日本初上陸だった。97年といえば『PRIDE.1』が東京ドームで行なわれ、ヒクソン・グレイシー(ブラジル)が高田延彦に完勝。総合格闘技時代の扉が開かれた年である。その『PRIDE.1』の約2カ月後に、この『UFC JAPAN』が開催された。

 この大会のメインエベントは、UFCヘビー級タイトルマッチ、ランディ・クートゥアVSモーリス・スミス(ともに米国、クートゥアが2-1で判定勝ち)だったが、このカード以上にファンに興味を抱かせたのが、UFC-Jヘビー級トーナメントだった。このトーナメントに参加したのは4選手で、初戦のカードは次の通り。

▼タンク・アボット(米国)VS安生洋二(キングダム)
▼マーカス“コナン”シウヴェイラ(ブラジル)VS桜庭和志(キングダム)

 この時点で桜庭はUWFインターナショナルが改称した団体、キングダムの中堅選手に過ぎなかった。まだPRIDEのリングにも上がっておらず、知名度も高くなかった。むしろ、安生のほうがファンに知られる存在だったのである。