年金改革の試算公表、防衛省・沖縄防衛局長の講話、福島第一原発事故をめぐる政府会議の議事録未作成
3つの問題で迷走を始めた野田政権

〔PHOTO〕gettyimages

 野田佳彦政権がいよいよ迷走状態になってきた。

 ここへきて混乱の種になっているのは、年金改革の試算公表と防衛省・沖縄防衛局長の講話、それに東日本大震災と東京電力・福島第一原発事故をめぐる政府会議の議事録未作成という3つの問題である。

 年金試算については藤村修官房長官が野党の追及を受けて、新たに試算し直した結果を3月中に公表する方針をいったん示した。ところが、党内から反発の声が上がると、その日のうちに「時間がかかる」と軌道修正する始末だ。

 沖縄防衛局長の講話問題は局長処分で乗り切ろうとしたものの、党内からも「いずれ更迭は避けられない」が出ている。議事録問題はさらに深刻だ。岡田克也副総理は「議事概要」の作成でお茶を濁そうとしているが、こちらは公文書管理法というれっきとした法律違反の疑いがある。

 野田首相は消費税引き上げを訴え、国会開会前は「参院で法案が通らなかったら、どうなるか」などと恫喝まがいのセリフを吐いて強気で攻めていた。ところが、ねじれ国会の現実に直面すると結局、行政改革や衆院定数是正のような重たい案件を避けて通れなくなった。

 そこへ降って沸いたように、持ち上がった3つの問題である。ひと言で言えば、国会論戦の第一カーブに入ったばかりというのに、政権自体が勝手にあちこちで自損事故を起こしている格好だ。

 この調子だと野党は相手の足下をみて、行政改革も衆院定数是正も話が進まないだろう。とても、その先の消費税引き上げどころではないような雰囲気になっている。