経済の死角

激白!吉田昌郎 福島第一原発前所長「私のがんはステージⅢ」「福島の人たちへのサポートを死ぬまでしていきたい」
来月の手術を前に決意を語った

2012年02月04日(土) フライデー
friday
upperline
本誌記者の取材に笑顔で答える、吉田氏。雪が舞う中、セーターに黒のダウンジャケットという装いだった

「私のがんは、ステージⅢだと医者からは言われています。今となっては、淡々と入院して、手術をするだけですよ」

 衝撃の緊急入院から、はや2ヵ月。本誌記者にそう語ったのは、東京電力福島第一原発の前所長、吉田昌郎氏(56)である。入院していたとは思えないほど顔色は良く、ふっくらとした様子。自らの病状をストレートなもの言いで話す〝吉田節〟も健在である。優しい目元の、以前と変わらない吉田氏がそこにいた。

 吉田氏は、昨年3月の東日本大震災に伴う福島第一原発事故の際、所長として菅直人首相(当時)や東電本店の指示に逆らい、原子炉への海水注入を開始し、原発のさらなる崩壊を食い止めた。事故後も8ヵ月にわたって、第一原発の免震棟に籠もり、事故の収束のために奔走し続けたが、衝撃が走ったのは、昨年の11月28日のことだった。東電が吉田氏の緊急入院を発表したのだ。当初は「体調不良」とのみ発表されたため、病名や容体に関して様々な憶測が流れた。12月1日付で所長を退任し、後に病気は食道がんであることが分かったが、その後、公の場に姿を現すことはなかった。

 1月22日、本誌はその吉田氏に都内近郊で直接、話を聞いたのである。突然の取材にもかかわらず、丁寧に応じてくれ、話は入院時の出来事から始まった。

---お元気そうで安心しました。昨年11月24日に入院してからは何をされていたのですか?

「抗がん剤の点滴を2回やったんです。一度退院して、状況を見て年末から年始にかけて、また入院しました。もう一回抗がん剤を点滴して、その結果を見てまた検査して、という繰り返しでしたね」

1
nextpage


最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
昨日のランキング
直近1時間のランキング
編集部お薦め記事
最新記事