雑誌

金正男が語った「正恩への嫉妬」と「野望」
中国が〝隠し玉〟として保護する男

 反体制ビラが撒かれ北朝鮮暴発の不安が高まるなか、中国は正恩体制崩壊に備え、この男を「改革開放」のキーマンと位置づける

「北朝鮮で現在の体制が崩壊した場合、最も直接的な影響を受けるのは中国です。1300kmにわたって国境を接しているので、脱北者がどんどん逃げてくる。中国国内には朝鮮半島に由来する少数民族の朝鮮族がいますから、脱北者が増えれば、中国国内も混乱するでしょう。中国外務省や共産党指導部は、40年、50年先までを見据えた視野で仕事をしています。現体制崩壊となった時、中国は『彼』を何らかの形で使おうと考えているのかもしれません。言わば、手の奥に握っている〝隠し玉〟でしょうね」

五味洋治氏は、「三代世襲をした正恩氏にとって今年は最も重要な年になる」と語る

 こう語るのは、最近上梓され話題となっている『父・金正日と私 金正男独占告白』(文藝春秋刊)の著者で東京新聞編集委員の五味洋治氏だ。「彼」とは、言うまでもなく、昨年12月17日に亡くなった北朝鮮・金正日総書記の長男・金正男氏(40)である。

 五味氏は、'04年に北京空港で偶然に遭遇した時を含めて、3回、正男氏と直接言葉を交わしている。著書では、計7時間にわたるインタビュー内容と、その前後の150通にも及ぶメールのやりとりを公開した。その中で、正男氏は、弟である三男の金正恩氏(29)への世襲や、北朝鮮の先軍政治を公然と批判しているのだ。

「彼は現在の北朝鮮の体制に批判的でした。'11年1月にマカオでインタビューした時は、『父上も世襲には反対だった。世襲体制になってしまったのは、内部要因があったからだ』と言っていました。その内部要因というのは軍部だと言うのです。軍部といっても120万人もいますから、『軍部の誰なんですか』と私は何度も聞きました。

 おそらく、彼の中には特定の人物がいるのでしょうが、答えませんでした。年下の正恩氏が後継者になったことに対し、嫉妬に似た感情があるのは間違いありません。彼は『長男として』とよく口にするのです。しかし、北朝鮮では正男氏は長男として扱われていません。(次男の)正哲氏(30)が長男で、正恩氏が次男だと言われているのです。

 でも、海外での経験や資金運用の知識もあるという自負があるのでしょう。正男氏は、『経験のない正恩が後継者に選ばれてしまった』と批判していました」(五味氏)

 このような批判は、金総書記の死後、さらに強まっている。著書で紹介されているメールの中で最も新しい'12年1月3日のメールでは、正恩体制の今後について、正男氏は次のような見解を述べている。

〈この世界で、正常な思考を持っている人間なら、三代世襲を追従することはできません。三十七年間の絶対権力を、(後継者教育が)二年ほどの若い世襲指導者が、どう受け継いでいけるのか疑問です。若い後継者を象徴として存在させ、既存のパワーグループが、父上の後を引き継いでいくとみられます〉