[サッカー]
大野俊三「ジョルジーニョが鹿島を変える」

 2012年の日本サッカーは、天皇杯史上初のJ2決戦で幕を開けました。優勝したFC東京の勝因は、守りの部分をしっかりとまとめあげていたところにあります。一言で言えば、個人として連続性、チームとして連動性のある守備ができていました。

今野の穴が大きいFC東京

 FC東京の選手はアプローチに行った際、ボールを奪えなくてもしつこく食らいつき、連続してチャレンジしていました。それも、やみくもにプレスをかけるのではありません。ボールを持った選手を中に入れさせず外へ追い込み、複数人でボールを奪うというように、相手とボールの進行方向を限定することを徹底していました。その意図をチーム全体が理解し、アプローチに行った選手のスペースを連動してカバーしようとしていましたね。こういった連続性と連動性の質を高めることで、J2で最少失点を記録する鉄壁の守備組織を築きあげたのです。

 鉄壁のFC東京守備陣を束ねていたのが、今野泰幸です。相手の攻撃にすぐ対応できるポジショニング、高いボール奪取力に加え、しっかり指示を出してチームをコントロールしていました。そして、もともとはボランチの選手ですから、パスの技術も高く、今野が攻撃の起点になることも少なくありません。天皇杯決勝では先制直後に同点ゴールを決めましたし、チームの最も重要な歯車でした。

 その今野が今季、ガンバ大阪に移籍します。今野という大きな歯車を失うことも当然痛いのですが、FC東京は彼を中心とした組織をつくりあげていました。これにより、FC東京はまず組織の再構築を迫られることになります。この点が、昨季、J1へ昇格してリーグ優勝を果たした柏レイソルと違うところです。柏はJ2で優勝したメンバーをほぼ入れ替えることなく、J1に臨むことができました。J2で時間をかけてつくりあげた組織があったからこその快挙だったのです。FC東京は、焦らずにしっかりとした組織をつくりあげること。これが2年ぶりにJ1で戦う上での最重要課題でしょう。