upperline

 フェラーリやポルシェといった誰もがあこがれる高級輸入車は、47都道府県ではどこでどのくらい売れているのだろうか? また、どんなユーザーが買っていて、どうしてその地方で売れているのだろうか?

 各ブランドのクルマが、47都道府県でどのくらい登録されているのかを台数順に表にまとめ、さらに各都道府県で何人にひとりがそのクルマを持っているかがわかる「1台の人口」を表記した。表の人数が少なければ、それだけその県に多くのオーナーがいることになるのだ!

フェラーリの分布
大都市圏以外にも北関東などに熱烈なファンを持つ

 どのブランドとも共通するのは、大都市圏に集中して多いということ。人口が多く、お金持ちも多いから当たり前といってしまえばそれまでだが、おそらく、その理由以上に都会に偏在しているのがこれらの超高級車だ。

 フェラーリもその例にもれず、東京に全国1万242台中の26・1%にあたる2670台も赤い跳ね馬が生息している。日本の富が集まっているのだから、当たり前か。次いで多いのは神奈川県の886台。この結果にはどんなフェラーリオーナーの生態が隠されているのか? フェラーリといえばこの人、清水草一氏に聞いた。

「私がフェラーリを初めて購入した18年前は、フェラーリの保有台数は全国で6000台程度だったと思う。そこから考えれば増えたけど、毎年400台くらいのフェラーリが販売されているから、それにしちゃあ増え方が少ない。ここがまずナゾだね。海外に流出しているのか、廃車になっているのか、いずれにしてももっと増えてほしい! 

 地域別に見ていくと、まず目がいくのは北関東。群馬、茨城、栃木が11位から並んでいる。北関東には有力なスーパーカー屋さんが多いのと、ちょっとヤンチャなクルマ好きが多いのだ。」

 という。さらに大都市圏の順位についても、

次ページ 「フェラーリは楽しむ以外にまっ…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事