[BCリーグ]
石川・森慎二監督「打撃力アップでさらなる進化を狙う」

 昨シーズンは、BCリーグ初、球団としても悲願の独立リーグチャンピオンを達成することができました。とはいえ、前後期ともに負け越していることからもわかるように、苦しいシーズンだったことは否めません。それでも10月、プレーオフに入ってから、「ここからは短期決戦。レギュラーシーズンとは別ものだ」というふうに、チーム全体で気持ちを切り替え、リーグ連覇、さらには初の独立リーグ制覇を目指すことができたことが最大の勝因となったと思います。

投手陣の底上げが不可欠

 もちろん前年、独立リーグチャンピオンシップで香川オリーブガイナーズに負けた悔しさも忘れてはいませんでした。香川の試合前の練習を見た際、自分たちとのスイングの強さの違いに圧倒されたことは、今でも鮮明に覚えています。そこで、今回は前もって徳島インディゴソックスの練習を見ることで、各打者への対策を練って試合に臨みました。

 それが功を奏し、全3試合を2点差以内に抑えることができました。このことが頂点をとれた要因の一つとなったことは確かです。さらに相手もエースをたて、勝ちにきたであろう初戦を快勝できたことが大きく、これで勢いに乗って3連勝することができたのだと思います。

 しかし、前述したようにレギュラーシーズンは地区優勝した前期でさえも負け越しの状態で、非常に苦しいシーズンでした。特に投手陣に故障者が相次いだのは、チームには大きな痛手となりました。チーム成績を見ると、2年目の2008年から3年連続で2点台を誇ってきたチーム防御率は、3.79でリーグ5位。これは負けた試合では相手に大量失点を喫することが少なくなかったことが要因です。

 さらに194(07年)、131(08年)、155(09年)、162(10年)だった四球数は、232にまで増えてしまいました。全体的に投手陣の投球内容が悪かったことは確かです。先頭打者に四球を与え、次打者に犠打を決められて、また四球……というような悪循環になることもありました。

 しかし、一方で勝つための戦略の結果でもありました。チーム事情を考えれば、失点を防ぐことが勝つためには最優先。そこで例えば、1死二塁の場面、たとえ四球でもランナーを貯めれば、それだけ守りやすくなりますから、厳しいところを攻め、その結果として四球ということも少なくなかったのです。とはいえ、今シーズン、投手陣のレベルアップは不可欠であることは間違いありません。