[MLB]
佐野慈紀「黒田に必要な勝負どころまでの準備力」

 長きに渡って行なわれてきた日米双方の野球界のストーブリーグも、いよいよ終了間近となってきました。今回も日本人選手の移籍が大きな話題を呼びましたね。新たにメジャー入りを果たしたのは、和田毅(福岡ソフトバンク-オリオールズ)、岩隈久志(東北楽天-マリナーズ)、青木宣親(東京ヤクルト-ブルワーズ)、そして日米で記者会見を開いたばかりのダルビッシュ有(北海道日本ハム-レンジャーズ)の4選手です。世界最高峰の舞台で、彼らがどんなプレーを見せてくれるのか、今から非常に楽しみですね。また、マリナーズとマイナー契約をした川崎宗則の今後の動向も気になるところです。

強打者ひしめくア・リーグ東地区

 さて、既にメジャーリーガーとして活躍している日本人選手では、ドジャースからFAとなっていた黒田博樹がヤンキースと1年契約をしました。ヤンキースといえば、史上最多の27度のワールドシリーズ制覇を誇る、メジャーの中でも人気、実力ともにトップクラスの球団であることは周知の通りです。しかし、近年では主力選手の高齢化が進み、チームは厳しい状況にありました。

 特にペティットが現役引退した昨シーズンは、バーネットが不振にあえぎ、先発の柱はサウスポーのサバシア一人。新人のノバとベテランのガルシアが、予想外の活躍を見せ、プレーオフ進出は果たしたものの、地区シリーズで敗退しました。その要因が先発不足にあったことは明らかです。そこで、ドジャースでしっかりと実績を残してきた黒田に白羽の矢が立ったのです。サバシアに次いで、ローテーションをしっかりと守ってくれるだろうという期待が寄せられていることは想像に難くありません。

 ヤンキースがいるアメリカンリーグ東地区には、メジャーを代表する強打者がズラリと並び、ドジャースがいるナショナルリーグ西地区の打者以上に、どんどんバットを振ってきます。昨シーズン、ヤンキースを除いたア・リーグ東地区の4球団の総本塁打数が752本に対し、ドジャースを除いたナ・リーグ西地区の4球団のそれは547本。この数字だけでも、ア・リーグ東地区の打撃力のすさまじさがわかります。

 ピッチャーとしては、厳しい状況下で、果たして黒田のピッチングは通用するのか。今シーズンの活躍次第では、来シーズン以降、ヤンキースとの大型契約も可能になるはずです。そういう意味では、今シーズンは黒田にとって試金石となることでしょう。