[陸上]
白戸太朗「箱根駅伝はなぜ倒れこむ?」

 すっかり日本のお正月の風物詩になった「駅伝」。元日は全日本実業団対抗駅伝を見て、2、3日に箱根駅伝を見たら正月も終わったなぁと、実感するパターンが続いているというのは僕だけではないだろう。中でも箱根駅伝の注目度は特別で、毎年驚くべき視聴率。2日の往路が27.9%、3日の復路が28.5%と、多チャンネル時代において他局が羨む数字で、もちろんお正月番組の中では断トツのトップである。日本テレビの入念な取材もあり、ついつい引き込まれてしまうという人も多いのではないだろうか。

 もちろん私もその中の一人だが、今年はどうも引っかかることがあった。それはなぜ実業団では倒れこむ選手が少ないのに、箱根では倒れこむ選手が多いのか。以前からちょっと気になっていたのだが、今年は実業団から気にして見ているとやはりその差は明確。うーん、やはり学生には過酷な駅伝なのか……。

選手への大きなプレッシャー

 確かに近年の箱根はテレビで注目されることもあり、選手たちへのプレッシャーは半端ではない。各大学も広報戦略の一つとして箱根を重要視しており、お金と力を注いでいるのが普通になっている。それに加え、OB会、同窓会、父兄会……普段は母校のスポーツなどあまり気にしない人まで注目してくれる。さらにスポーツメーカーからも大きなお金が動くようになり~。当然そんな期待は陸上部駅伝班に大きくのしかかり、監督、選手ともに平常心でいろというのが難しい時代になった。

今年も多くのドラマが生まれた箱根駅伝

 そんな大きなプレッシャーを背負っての晴れの舞台。「ついつい頑張りすぎてしまい倒れこむ」というのは理解できる。もし僕が彼だったら……今の自分なら上手にコントロールできると思うが、20歳前後の頃にそんなことができるはずもない。もはや関東の大学の長距離選手は大学スポーツ界の花形。人気も注目もプレッシャーも背負わざるを得ないのである。

 でも、なんとなく腑に落ちない僕は、この世界に精通した人物に話を聞いてみた。彼は選手として箱根を走り、コーチや監督として駅伝の選手たちを近くで見てきた経験を持つ。