二宮清純レポート
中日ドラゴンズ・捕手谷繁元信
落合博満前監督から学んだこと

 落合博満が中日の監督に就任した8年前、男はすでに球界随一と評される捕手だった。落合が「名将」と称えられ出した時、男は「名捕手」と呼ばれはじめた。41歳、谷繁はまだ進化の途上にある。

「なんだ、この人?」

これまでの現役生活23年間で、仕えた指揮官は10人。11人目のボス、高木守道新監督のもとで、「今季こそ日本一を奪う」

 '04年から8年間にわたって中日ドラゴンズの指揮を執り、4度のリーグ優勝に導いた落合博満はユニホームを着ている間、選手個々の評価を頑なに拒み続けた。選手への配慮に加え、チームの機密が漏れることへの警戒もあったのだろう。

 その落合が珍しく固有名詞を口にしたのが退任記者会見の席だった。

〈「一番変わったのは谷繁(元信)かもしれません。FAで来て、よそでレギュラー捕手だったわけですが、彼にも甘いことは一切言わなかった。彼が指導者になったとき、今まで経験したことをやってくれれば、いい指導者になると思います」〉(東京中日スポーツ'11年11月23日付)

 落合中日の4度のリーグ制覇を語る上で谷繁を抜きにすることはできない。主戦キャッチャーとして彼は守りの要の役割を担い、リーグ随一と呼ばれる投手陣を牽引した。

 参考までにリーグ優勝を果たしたシーズンの中日の防御率を見てみよう。

 '04年3・86、リーグ1位
'06年3・10、リーグ1位
'10年3・29、リーグ1位
'11年2・46、リーグ1位

二宮清純氏

 三冠王を3度も獲得した大打者が"守りのチーム"をつくったのは奇異に映るが、現役時代から落合は守りを重視する野球の優位性を主張していた。

〈勝負ごとは、勝たなければ意味がないという原則にあてはめると、打ち勝つ野球には、限界があると思う。つまり、長いペナントレースを戦い抜くことができない、優勝は難しいということである。

 仮に、私が監督になったら、点をやらない野球を目指す。守りで攻撃するチームづくりに取り組むだろう〉(自著『勝負の方程式』小学館)

 守りの野球を目指すのなら、一にも二にも、まずはキャッチャーだ。無愛想な落合が唯一、気を許す野球人といわれる知将・野村克也は「名捕手あるところに覇権あり」と断言してはばからない。