雑誌
日本経済いま知っておくべきこと
あなたがすべてを失わないために

国債暴落だけじゃない!
これからとんでもないことが起きる
政府も企業も妙手を打てない。最後は海外勢に買収・救済してもらうしかないのか〔PHOTO〕gettyimages

 年が変わっただけのことである。問題はそっくりそのまま、残されている。何ひとつ解決していない。身を引き締めよ。ヨーロッパが発火点となった恐慌はいずれこの国を襲う。そのとき慌てても遅いのだ。

「復興債」から分かること

 2011年、「神話」は脆くも崩れ去った。

 日本の「モノ作り」は世界で群を抜いている、だから日本の大手メーカーが負けることはない—日本人は長らくそう信じてきたが、ソニー、パナソニックといった大御所が軒並み真っ赤な決算を発表し、経営者たちは会見場で苦渋の顔を見せた。

 超円高。欧州危機。中国・インドなど新興国の台頭。七重苦とも八重苦とも言われる苦境に、日本企業はあえいでいる。

 企業だけではない。国の借金=国債は天文学的に積みあがり、国民の収入は減り続ける。国も企業も国民も、これまで貯めこんだカネを取り崩しながらどうにかやりくりしてきたが、限界に近づいてきた。

 いま、日本経済になにが起きているのか。これからなにが起きるのか—。

 2012年は、日本をめぐるもう一つの「神話」が終わりを迎える年になるだろう。日本国債は安全だとするそれである。