[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「育成と勝利は矛盾しない」

 オフの補強もほぼ終了し、いよいよ20日に新チームが集合します。本格始動は2月1日からの予定です。補強などチーム編成の仕事に携わるのは今回が初めて。12人の選手をドラフトで獲得しましたが、狙っていた人材を指名できなかったケースもあり、難しさを実感しました。

 トレードを含め、愛媛は昨季のメンバーから16名が抜けるかたちになります。2月のキャンプでは新しいチームを1からつくることになるでしょう。そのなかでエース、レギュラーキャッチャー、4番という3本の軸をチーム内で見つけたいと考えています。

篠原の完全復活に期待

 エースには昨季、2ケタ勝利(10勝)をあげた古舘数豊と、入野貴大が候補になるでしょう。古舘は変化球でストライクがとれ、セットポジションで投げる際にバッターがタイミングをとりにくい点が強みです。しかし、まだ本人はこの持ち味を十分に理解して投げているとは言えません。長所に磨きをかけたピッチングができれば、今年以上に勝てるピッチャーになると思います。

 入野は昨季、リリーフでNPB相手にもいいピッチングを見せており、ドラフト指名まで、もう一歩のところまできています。残る課題は明白です。変則フォームをより活かすべく、球の出どころをいかに隠すか。このハードルをクリアすれば、NPBのスカウトも獲得に乗り出すはずです。本人にも改善ポイントは伝えていますから、1年間、どれだけ本気で取り組むかで来年の所属チームが変わってくるでしょう。

 またファンのなかには篠原慎平の復帰を期待している方もいらっしゃると思います。肩を故障して昨季は登板なし。ただ、リハビリは順調に来ています。本人もさすがに今季はラストシーズンのつもりで臨むはずです。まだ無理はさせられませんから、少しずつ状態を上げるように指導し、完全復活を待ちたいと思っています。

 4番に関しては今季から米独立リーグより外国人が加入するため、その選手がうまく適応できれば、中軸を任せることになるでしょう。今季は何とか4番を固定し、昨季以上にクリーンアップにつなぐ野球を徹底したいと思っています。打線の切り込み隊長には、高知から流大輔をトレードで獲得しました。彼はNPBを目指せる素材だと僕はみています。俊足をいかし、ドラフト指名を受けられる選手に伸ばしていきたいですね。