雑誌
山手線新駅
「計画から8年!"難産"のウラ事情」

品川-田町間に設置予定の30駅目だが、
2000億円の費用を巡って 官・民がせめぎ合い
泉岳寺駅周辺から品川駅方面を望む。左側に広がる車両基地が再開発エリアとなっている〔PHOTO〕郡山総一郎
現在の山手線の線路を最大約200m東側に移し、新駅を設置。品川駅の新幹線ホームから程近い所に位置する

「そりゃあ歓迎よ。ここからじゃ田町も品川も歩いて20分近くかかるんだから。そのうち、ここら辺にもエリートの外国人さんが増えるって聞いてるわよ」(新駅予定地の周辺に住む50代主婦)

 日本を代表するメジャー路線である山手線に、30番目の新しい駅が加わる可能性が浮上した。新駅設置が実現すれば、'71年に西日暮里駅が開業して以来となる。予定地は、品川-田町駅間(東京都港区)にJR東日本が所有している約20haの車両基地。

 現在、同基地では再開発の準備のため一部では既にレールの撤去作業が進んでいる。計画では、車両の引き込み線路をはがして、西側を走る山手線を東側の新幹線側に寄せ、空いたエリアに高層の商業施設やオフィス街を建設する予定だ(右写真を参照)。'14年度中の着工を目指し、新駅と周辺街区の完成には10年を要する見込みだという。

「JR東は現在上野から発着している常磐線や宇都宮線、高崎線を東京駅まで延伸して、東海道線と直通運転する『東北縦貫線』計画を進めています。これが実現すれば、今の基地に車両を留め置く必要がなくなるので、再開発に回せるわけです。そもそも品川-田町間は駅間距離が2.2kmと、現行の路線では最長だったため、新駅の設置を望む声は地元からも上がっていたのです」(全国紙経済部記者)