ドイツ
「子供」より「子ども」が正しい!?差別用語狩りより、美しい日本語を残していくことに知恵を絞るべき
英語では「ファイアーマン(消防士)」ではなく「ファイヤーファイター」と呼ぶ。〔PHOTO〕gettyimages

 以前、ある学校で「子育て」に関しての講演をしたとき、レジュメに「子供」という言葉を書いたら、「子ども」に変えてほしいと言われた。「供」という字は従者などといった付き従う人間を指すので、ときに嫌がる保護者がいるという説明を聞いて、びっくり!

 そんなことに尖がる親が本当にいるのかどうかわからないが、いるとすれば碌な親ではないだろう。他にも、あらゆるところで不毛なイチャモンを付けているに違いない。だいたい、文字面の感じは「子ども」よりも「子供」の方がすっきりしている。

 アメリカで80年代に発祥したポリティカル・コレクトネスというのは、職業、性別、文化、人種、民族、宗教、障害、年齢、婚姻状況などによる社会的な差別や偏見をなくすため、公平な表現を求めた動きだ。それによって日本でも多くの言葉が闇に葬られたが、「子供」に異議を唱える理由は未だにわからない。

 英語では、職業で最後にマンの付く言葉は、「ファイアーマン(消防士)」、「ビジネスマン」などと多いが、ポリティカル・コレクトネスによれば、これは差別で、今はそれぞれ「ファイヤーファイター」、「ビジネスパーソン」だそうだ。だから、かつて両手を突き出して空を飛んだ人も、最近「スーパーパーソン」に改名された(というのはウソ)。

 洗濯機や冷蔵庫のコマーシャルに女性だけを起用するのもまずい。「主婦」役が必ず女性だと、これも差別なのだ。ということは、主婦という職業が差別されていることに他ならない。しかし、男が洗濯機を回したからといって、いったい何が変わるのだろう?!

 また、たとえば病院のパンフレットは、一番お給料の高そうな職、つまり医者のモデルには黒人の女性を起用し、一番お給料の安そうな職、つまり看護師(この言葉も看護婦が差別用語だからということで作られた言葉だ)には屈強な白人の男性、そして、患者は多種多様な肌の色の大人やら子供を混ぜて作る。差別と言われる可能性を限りなく小さくしていくと、そういうキャスティングになるらしい。しかし、これも私の目には、「アメリカにはちゃんと人種差別がありますよ!」と念を押しているように見える。

 身体の障害を指す言葉は、すべてほとんど書きかえられた。a blind manは、a visually challenged person、a deaf manは、a hearng-impaired personというそうだ。