佐々木俊尚「ブレイクスルーな人たち」
2012年01月26日(木) 佐々木 俊尚

佐々木俊尚が5人の若者に聞く『21世紀の生き方』第2回「ぼくたちはこうして会社を辞め、いまの生活をはじめました」

upperline

第1回はこちらをご覧ください。

佐々木: お話を聞いていると、皆さんサラリーマン経験があるわけですが、サラリーマンがいきなりいまのような働き方に変われるかどうかというのが大きな問題です。

 今日のプロデュースをしている高木慎平さんは、博報堂に勤めていたわけですから年収1000万円くらいもらっていたんじゃないかと思います。それをなげうって破れたジーンズをはいてこんなところにいる(笑)。安藤さんも集英社にいらっしゃって、出版不況といえども日本を代表する大手出版社で高給をとっていたのが、いきなりそれを辞めて何をしているんだかわからない不思議な人たちの一人になっているわけです。

 今度は、その状況の変化についてどうやって自分のなかで方向性を転換したかをうかがってみよう、と思います。たとえば、皆さんは大学を卒業してから会社員を経験していますが、就職した段階でどういう将来ビジョンを描いていたのか、一生会社にいるつもりでいたのか、辞めるつもりでいたのか、辞めるつもりだったとしたら、会社員でいる間にどういう展望を持とうとしたのか、というようなお話をうかがってみたいと思います。

 では、また米田さんからお願いします。

「起業するから優秀」ではない

米田: 僕は1973年生まれでこのなかでは最年長だと思うんですが、出版業界で雑誌の編集者をやっていた。僕の場合は勤めていた出版社が潰れたので、やりたくてこういうことをやっているわけではないんです(笑)。ぶっちゃけて言うと、会社の社長が逮捕されたりとかいろいろグチャグチャな事情があって、これはもう、早く飛び出さなければいけないと思いまして。

佐々木: 最初は一生いるつもりだったんですか?

米田: 実は20代の頃はミュージシャンをやっていて、その傍ら時事通信の社会部でアシスタントをやっていたんです。90年代は今よりまだ景気が良くて手取りで25万円くらいもらえたので食えていたんです。しかし、このままで行ってもどうしようもないな、と思って映画のサウンドトラックを作ったりしていたのですが、28才くらいで一度就職しようかと思い、最初はアルバイトから入って、派遣社員を経て正社員になりました。

 第一次就職氷河期の1995~1996年卒業組なので、悲喜こもごもの「悲」の部分もいちばん経験しているんですね。

僕の同世代というと、堀江貴文さんとか津田大介さん辺りなので、明暗がハッキリ分かれています。僕はもう底辺から上がってきて、本当は憧れとしてはカルチャー誌の編集者をやったり、40代くらいにはビジネス誌の編集者をやったりして、出版業界のなかでステップアップしていきたいと思っていたんです。

 ところが、こういう時代になってしまって、出版不況が続き日本の経済が落ち込んでいくなかで会社が倒産してどうしようかというときに、「どうせ不安なんだから、だったら自分が選択肢を選んだことで不安になるほうがいいや」と思ったんです。所属している会社や団体に振り回されて不安になるよりも、自分でやってみてダメだったら諦めがつくだろう、と。

 今までやったことがないことに対してそれをやらないという選択肢は、自分の人生のなかでは「ナシ」だな、と思い、じゃあフリーでやってみようかな、というのが出発点です。最初は本当に、半年間失業保険しか収入がないような時期もありました。僕もまったく営業しないで「これを書かないか」とか「こういう企画をやらないか」というお話があったら、とりあえず何でもできることをやりましたね。

 失敗も経験していますし、僕は編集者でしたから、まさかこうやって人前でしゃべる仕事がくるとは思っていなかったんですが、いつの間にかこうやってベラベラとしゃべるようになってしまって、半分芸人みたいになっています(笑)。とにかく、資源というのは自分の身体しかないので、それを使ってできることを何でもやっています。

次ページ  それと、スキルというのはいろ…
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事