雑誌
陸軍第8特殊軍団に対日テロ部隊
北朝鮮が日本の原発施設を狙ったら

「若狭原発群」に特殊部隊上陸

 原発メルトダウンの恐怖が、再び日本列島を襲おうとしている---。

 権力基盤の不安定な金正恩政権下では、軍部の暴走による内乱や韓国侵攻といった「朝鮮半島有事」が勃発する事態も絵空事ではない。その場合、米軍が事態鎮圧に乗り出すことになるが、ひとたび戦端が開かれれば、まず狙われるのが米軍の出撃拠点であり、物資補給の要衝となる日本である。その時、日本はどのような攻撃を受けるのか。

 まず考えられるのは、北朝鮮の特殊部隊によるテロ攻撃だ。陸上自衛隊幹部が分析する。

「北朝鮮の総兵力は約110万人とされるが、海を隔てた日本に対して大規模な上陸作戦を展開することは難しい。おそらく、軍の中でもエリートとされる特殊部隊を動員し、隠密行動が可能な少人数編成でテロを仕掛けてくるだろう」

 北朝鮮特殊部隊の中核となるのは、陸軍第8特殊軍団。ここに所属する特殊部隊員10万人の中から、さらに選りすぐられた精鋭が対日テロ部隊となる。

 特殊部隊の攻撃目標としては、在日米軍基地や自衛隊基地といった軍事施設や国会議事堂、霞が関のような官庁街が考えられるが、これらの場所は普段から厳重な警備態勢が敷かれており、特殊部隊といえども簡単には侵入できない。

 そこで特殊部隊のターゲットとして浮上するのが、警備態勢が比較的緩いうえ、破壊によって大きなダメージを与えることのできる原発施設である。実際、'95年頃にはオウム真理教の信者が北海道の泊原発に原発作業員として潜入し、資料を持ち出す事件も起きた。日本の原発警備が甘いことは、自衛隊内でも以前から懸念されていた。

 わけても危険視されるのは、北朝鮮から海路による侵入が容易な福井県若狭湾に位置し、14基もの原発がひしめく「若狭原発群」だ。

 次ページの地図は、全国にある原発と、後述する北朝鮮のミサイル攻撃の標的となりうる主要な在日米軍基地および自衛隊の航空基地をまとめたものだ。一覧してわかる通り、若狭湾周辺には原発が集中している。

 '05年に北朝鮮による原発テロ攻撃の危険性についての論文を発表したこともある、元衆院議員で国際経済交流協会代表理事の米田建三氏は言う。

「私が論文を書いて警告してから5年以上経過していますが、残念ながら北朝鮮の原発テロに対する対策はほとんど進んでいません。たとえば、海外の場合、原発周辺は軍隊が警備するのが常識です。ところが日本の場合、そもそも武装した侵入者を想定していないため、武器を持たない民間警備員がいるだけです。

 福井県のある原発では、有事の際に県警の機動隊が原発に到着するまで50分もかかり、一番近い駐在所から警官が来るだけでも15分かかる。これでは精鋭ぞろいの北朝鮮特殊部隊の侵入を防ぐことなど到底、無理でしょう」