雑誌
全国民必読
必ず来るM8M9大地震
その瞬間、あなたがとるべき
行動を教えます

 スカイツリーにいたら/モノレールに乗っていたら/アクアラインを走っていたら/地下鉄に乗っていたら/東京ドームにいたら/高層ビルのエレベーターにいたら/ガード下の飲み屋にいたら/富士山登山をしていたら------そのとき、あなたとあなたの家族の明暗を分けるのは「知識」だ

 首都圏を必ず襲う巨大地震。そのとき何が起こるのか。私たちがとるべき行動とは何なのか。場所や状況ごとに詳細に見ていこう。

■スカイツリーにいたら

 六本木ヒルズや東京都庁などの高層ビル群は東京のシンボルとも言えるが、3・11の際には振幅3~4mの揺れが5分以上続いた超高層ビルもあった。

 ちなみに、代表的な高層建造物である東京都庁では、3・11の際、スプリンクラーの損傷、天井の落下、壁パネルや防火戸の脱落などが起きている。

 地上634m、世界最高の電波塔・東京スカイツリーではどうか。都市防災に詳しいまちづくり計画研究所所長の渡辺実氏は言う。

「3・11では人的被害がありませんでしたが、あの日いたのは訓練を受けた作業員たちで、開業後は違う。

 もちろん最新の制震・免震技術が組み込まれていますが、揺れないというわけではない。展望台の売店の陳列棚やレストランのテーブルなどがしっかり固定されていないと動き出し、重いものなら当たった人は内臓破裂の可能性もある」

 東武タワースカイツリー株式会社広報宣伝部によると、展望台に設置される設備には対策を施す予定というが、最上階に展望台やレストランを持つ他の超高層ビルでは、まだこうした危機意識は薄い。

 東京都庁にも展望室があるが、「約100席のイスのうち90席は固定されていません。30脚のテーブルは、すべて固定されていません」(南展望室カフェ)、「イス70席、テーブル20脚は、すべて固定されていません」(北展望室レストラン)。

 スカイツリーや都庁などの展望台で地震に遭ったときとるべき行動は2つだ。

「第一は、窓から離れること。第二は、高層建築物は構造的に中心にあるエレベーターシャフト部分が強いことが多いので、その周囲にある非常階段などの手すりを目指す。展望台に入るときは、まずその位置を確認しておくとよいでしょう」(前出・渡辺氏)

超高層では中心に逃げる

■高層ビルの下にいたら

 東京理科大学理工学部建築学科教授の北村春幸氏は超高層ビルの周辺にいる人も注意が必要だという。