雑誌
全国民必読
必ず来るM8M9大地震
その瞬間、あなたがとるべき
行動を教えます

 スカイツリーにいたら/モノレールに乗っていたら/アクアラインを走っていたら/地下鉄に乗っていたら/東京ドームにいたら/高層ビルのエレベーターにいたら/ガード下の飲み屋にいたら/富士山登山をしていたら------そのとき、あなたとあなたの家族の明暗を分けるのは「知識」だ

 首都圏を必ず襲う巨大地震。そのとき何が起こるのか。私たちがとるべき行動とは何なのか。場所や状況ごとに詳細に見ていこう。

■スカイツリーにいたら

 六本木ヒルズや東京都庁などの高層ビル群は東京のシンボルとも言えるが、3・11の際には振幅3~4mの揺れが5分以上続いた超高層ビルもあった。

 ちなみに、代表的な高層建造物である東京都庁では、3・11の際、スプリンクラーの損傷、天井の落下、壁パネルや防火戸の脱落などが起きている。

 地上634m、世界最高の電波塔・東京スカイツリーではどうか。都市防災に詳しいまちづくり計画研究所所長の渡辺実氏は言う。

「3・11では人的被害がありませんでしたが、あの日いたのは訓練を受けた作業員たちで、開業後は違う。

 もちろん最新の制震・免震技術が組み込まれていますが、揺れないというわけではない。展望台の売店の陳列棚やレストランのテーブルなどがしっかり固定されていないと動き出し、重いものなら当たった人は内臓破裂の可能性もある」

 東武タワースカイツリー株式会社広報宣伝部によると、展望台に設置される設備には対策を施す予定というが、最上階に展望台やレストランを持つ他の超高層ビルでは、まだこうした危機意識は薄い。

 東京都庁にも展望室があるが、「約100席のイスのうち90席は固定されていません。30脚のテーブルは、すべて固定されていません」(南展望室カフェ)、「イス70席、テーブル20脚は、すべて固定されていません」(北展望室レストラン)。

 スカイツリーや都庁などの展望台で地震に遭ったときとるべき行動は2つだ。

「第一は、窓から離れること。第二は、高層建築物は構造的に中心にあるエレベーターシャフト部分が強いことが多いので、その周囲にある非常階段などの手すりを目指す。展望台に入るときは、まずその位置を確認しておくとよいでしょう」(前出・渡辺氏)

超高層では中心に逃げる

■高層ビルの下にいたら

 東京理科大学理工学部建築学科教授の北村春幸氏は超高層ビルの周辺にいる人も注意が必要だという。

「地震が首都圏の直下型ではなく、房総沖地震や東海地震など遠くの海底で起こった場合、特に心配なのが長周期地震動です。これはゆっくりとした、周期の長い揺れで、高層建築物を非常に大きく揺さぶります。

 外壁や窓ガラスは、ある一定量の揺れまでは落ちないよう設計されていますが、実際はどうなるかわかりません。落下の可能性がないとは言い切れない」

 都庁を管理する東京都財務局建築保全部庁舎整備課にこの点を質問すると、「都庁は構造上、窓が外壁と一体化しているので、基本的には落ちることはない」との回答だったが、北村教授はこう助言する。

「超高層ビルは耐震設計がなされているので、近くにいたら、むしろ建物の中に入ったほうがいい。ガラスなどの落下物があっても大丈夫だし、低層階はそれほど揺れません。コストをかけて建てているものなので、普通の建物より安全です」

 一方、多くの人の住居や職場があるのは、最新式の超高層ビルより、低層・中層の古いビルだろう。特に'81年5月以前に着工された旧耐震基準の建物は、大地震で大破する恐れもある。だが、建築ジャーナリストの山口安平氏によると、

「資産価値が下がるのを嫌って耐震診断を受けず、改修費用が出せずに放置している所有者が多い」。

 前出の渡辺氏は、「特に新橋、神田、上野のように早くからビル街だった地域にはまだ危険な建物が多く、建物が大きく傾いて、看板やネオンが降ってくる可能性も高い」という。

 超高層ビルとは逆に、これらの古いビルからは速やかに離れるべきなのだ。

■スカイツリーや高層ビルのエレベーターにいたら

 高層建築にエレベーターはつきものだ。東京スカイツリーなら定員40名のエレベーターが4基設置されている。東芝が開発した日本一の速度を誇る特注品で、平常時は床に立てた500円玉が倒れないほど振動も少ない。品質は折り紙付きだが、問題は運転中に巨大地震に遭った場合だ。

 通常、高層ビルのエレベーターは、地震を検知するともっとも近い階に止まる。だが第一展望台まで地上から350mあるスカイツリーや、「高層階専用」などとスキップする階のある六本木ヒルズなどのエレベーターでは、その「最寄り階」が非常に遠いこともある。

「巨大地震で東京が被害を受け、同時にたくさんのエレベーターが不具合を起こせば救助の手が回らず、救出の難しい途中階の出入り口がない区間に閉じ込められた人々は数十時間、待つことになるかもしれません」(前出・渡辺氏)

 ちなみに、まだその位置などは公開していないが、スカイツリーではこの問題を避けるため、地上と第一展望台の間に「エレベーター1基につき、7ヵ所の非常着床用出入り口があります」(前出・広報宣伝部)。

 ここから非常階段を使用して逃げることになる。

■アクアラインを走っていたら

 東京湾を横断する東京湾アクアライン。川崎側から9・6kmは海底トンネル「アクアトンネル」、木更津側から4・4kmは海上橋「アクアブリッジ」が延び、中間地点の人工島「海ほたる」で接続している。

 災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏によると、アクアラインには阪神淡路大震災の反省を活かして、大地震に対する最大限の対策がなされている。

 たとえばアクアトンネルはシールドトンネルと呼ばれる強固な構造の中に、特殊な防水処理が施され、破損・浸水・水没はまず起こらない。となれば、不安視されるのはトンネル火災だ。

 アクアトンネルで火災や煙から身を守るためには、まずトンネルの地下に設けられている緊急用の床板下避難路に逃げこむことだ。

 避難路に通じる非常口は300mおきに設置されており、すべり台などで車道の下に移動できる。内部は気圧が高めに設定され、炎や煙は入りにくい。

 緊急車両の走行もできる幅の広い避難路には150mおきに非常電話も置かれ(携帯電話はほぼ不通)、長い道のりだが地上にも出られる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら