世界で勝ちたければインド人に学べ!日本人枠に希望者が殺到するインド式インターナショナルスクールの魅力

授業は9時限目まで

2012年01月09日(月) 田村 耕太郎

 

先日シンガポールの世界第二位の海運会社の社長が「インド人向けインターナショナルスクールが大人気なんだよ。シンガポールのインド系インターはなかなか入れない」と教えてくれた。資源関連のトレーダーであるインド系シンガポール人実業家も「インド式初等教育は世界最高。ここで育てれば世界で通用することもになる」と胸を張る。

東京でインド人向けインターナショナルスクールに日本人の応募が殺到して日本人枠ができたとの報道があった。インドでは当たり前に行われている一般的なインド式教育がグローバル人材を造る!

生徒の3割が日本人

カリキュラムによる授業を行う東京都江戸川区の「GIIS(グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパン)」では75名の日本人が学ぶ。そもそもは、IT系を中心に急増していた在日インド人向け子弟を対象に教育してきた。対象である3歳~16歳までの子供である。生徒数は240人。つまり3割が日本人になっているのだ。

日本の義務教育では7歳から小学生、13歳から中学生。インドでは5歳から9歳までが小学生。10歳から14歳までが中学生となっている。後で詳しく述べるが。インドでは5歳から義務教育が始まるのだ。

その内容の魅力を分析してみた。

世界を席巻するインド英語

 まず校内はすべて英語。これはインターでは当然である。違いはインド英語。早口と強烈ななまりで、聞き取れないとかのレベルではなく、英語とは思えないことさえある。しかし、これがやがて標準の英語になるのだ。世界一英語を話している国はどこだと思われるだろうか?アメリカでは約2億人が英語を話すが、インドはその倍の4億人近くが英語を話すといわれている。これが10年後には倍になる。つまり、世界で最も話される英語はインド英語なのだ。

 今の子供たちが大人になって活躍する頃の世界標準の英語を学べるのが、インド系インターなのだ!

卓越した数学教育

 インド式数学教育のレベルの高さは有名だ。具体的には、インドではなんと5歳から掛け算と割り算を習う。義務教育初年度の終わりころに、あの有名な2ケタの九九を勉強するのだ。日本ではいえば幼稚園児から始める。日本の義務教育は6歳から始まる。イギリスは5歳からなので植民地であったインド人でも5歳から始まる。ちなみに韓国も5歳からで、なんとオランダは4歳から義務教育が始まるという。




COURRIER最新記事
Ranking

「クーリエ・ジャポン」 毎月25日発売

More
Close

田村 耕太郎

(たむら・こうたろう) 前参議院議員。エール大学上席研究員、ハーバード大学研究員などを経て、世界で最も多くのノーベル賞受賞者を輩出したシンクタンク「ランド研究所」で唯一の日本人研究員を務めた。
国立シンガポール大学公共政策大学院名誉顧問、新日本海新聞社取締役東京支社長。
1963年生まれ。早稲田大学卒業、慶応義塾大学大学院修了(MBA取得)。デューク大学ロースクール修了(法学修士)、エール大学大学院修了(経済学修士)、オックスフォード大学上級管理者養成プログラム修了、ハーバード大学ケネディスクール危機管理プログラム修了、スタンフォード大学ビジネススクールEコマースプログラム修了、東京大学EMP修了。
2002年から10年まで参議院議員を務めた間、内閣府大臣政務官(経済財政、金融、再チャレンジ担当)、参議院国土交通委員長などを歴任。
シンガポールの国父リー・クアンユー氏との親交を始め、欧米やインドの政治家、富豪、グローバル企業経営者たちに幅広い人脈を持つ。世界の政治、金融、研究の第一線で戦い続けてきた数少ない日本人の一人。
2014年8月、シンガポールにアジアの地政学リスクを分析するシンクタンク「日本戦略情報機構(JII)」を設立。また、国立シンガポール大学(NUS)リー・クワンユー公共政策大学院の兼任教授に就任し、日本の政府関係者やビジネスリーダーに向けたアジア地政学研修を同校教授陣とともに実施する。
著書に『君に、世界との戦い方を教えよう 「グローバルの覇者をめざす教育」の最前線から』などがある。