出版社が本のポータルを提供、そして著者がマーケターになる時代に
米大手出版社サイモン&シュスターが立ち上げた著者のためのポータルサイト。画面はスティーブ・ジョブズ氏伝記の著者、ウォルター・アイザックソン氏の専用ページ

 2011年10月、米大手出版社で、スティーブ・ジョブズ氏の自伝の出版元でもある、サイモン&シュスター社が新しく発表したサービス、「Author Portal(著者のためのポータル)」は、とても革新的なことを出版業界にもたらしました。

 同社から書籍を出版した著者(イラストレーター、エージェントも含む)のみが登録可能なこのサービスを利用することで、著者は自分が出版した書籍の主要な売上データを閲覧することが可能になったのです(情報源:ロサンゼルス・タイムズ)

 実はオンライン小売り大手のアマゾン・ドット・コムも2010年12月から同様のサービスを提供しているのですが、対象は紙で出版された売上の75%分のみが対象でした(ニールセン・ブックスキャンのデータ)。サイモン&シュスター社のポータルでは電子書籍、ハードカバー、文庫、そしてオーディオブックの過去6週間分の売上データの閲覧が可能で、書店店舗毎の詳細なデータまでのアクセスは適わないものの、売上全体のデータにアクセスが可能になったのです。(エージェント専用のポータルもあり、そちらでは過去全期間の売上データへのアクセスが可能)。

View My Salesというコーナーからは売上データの閲覧が可能

 もう一点同ポータルの特徴的な点は、著者が書籍のプロモーションを効率的に行えるよう、フェイスブック、ツイッター、ブログ、ユーチューブ等のソーシャルメディア・ツールを使いこなせるためのアドバイスがウェブ上で提供されている点です。「ウェブ・ブート・キャンプ」と称したこのプログラムを通じ、同社のデジタル・マーケティング・チームのメンバーがオンラインでのインタラクティブな講座も提供しているとのことです。

 かつて著者は本を執筆し、本を売ることは出版社の仕事とされることが一般的な認識だったといえます。ただ今日のようにソーシャルメディア上の共感やクチコミが本の売上に重要な役割を果たす時代において、もはや著者は本を書くだけではなく、マーケターとして本を売ることが求められる時代になりつつあると言えるのではないでしょうか。

 出版社による"著者ポータル"開設、そして「マーケターとしての著者への期待」という動きは、サイモン&シュスター社以外にも他の大手出版社であるアシェット社の書籍グループ(2012年にポータル開設予定)やランダムハウス社が既に名乗りを挙げていることからも、見て取ることができます(情報源:ニューヨーク・タイムズ)。

ソーシャルメディアを活用した書籍プロモーションとは?

 英語で「author marketing(著者マーケティング)」とウェブサイトを検索してみると、数多くの専門エージェントやコンサルタントが存在し、著者自身が自分で出来る効果的なマーケティング方法についてのアドバイスがまとめられたブログ記事を多数見つけることができます。