英専門家が伝授! ソーシャルメディアを活用するためのシンプルな三ヵ条
「"Making Social Media Work For You"の様子。講師はソーシャルメディアの専門家John P Morgan氏」

 2010年のツイッター元年に続き、2011年はフェイスブック元年となった日本のソーシャルメディア界。巷で流行っているから、登録はしたけれど、「正直、何をどのように使えばいいのかわからない・・・」と戸惑う初心者ユーザは、日本だけでなく、ソーシャルメディアがより普及している欧米にも、少なからず存在するようです。

 そこで、2011年11月29日、英ロンドンのコワーキング・スペース「The Central」では、ソーシャルメディアの活用法を指南するイベント「Making Social Media Work For You」が開催されました。

 このイベントで講師を務めたのは、米英の民間企業や非営利団体に向けてソーシャルマーケティング支援を手がけるJohn P Morgan氏です。1999年のソーシャルメディア創生期からこれにかかわってきた豊富な知識と経験を元に、ソーシャルメディアを活用するためのマインドセット・スキル・方策を解説してくれました。中でも、私がポイントとして指摘したいのは、以下の3点です。

ポイント1: 「ソーシャルメディアを通じて何を達成したいか?」明確にしよう

 あなたは、ソーシャルメディアを使って、何を成し遂げようとしていますか? たとえば、ネットワーキングや情報交換、リクルーティング、ファンドレイジング(資金調達)など、様々な目的があるでしょう。ソーシャルメディアは"ツール(道具)"にすぎません。「何を使うか?」よりも、「何のために使うか?」を明確にすることのことが重要です。