雑誌
怒れサラリーマン!「公務員天国」
このままではギリシャの二の舞だ

本誌直撃に応じながらも、具体的発言は避け続けた勝事務次官。ニヤけた表情は〝陰の総理〟の余裕なのか

「宿舎25%削減案」に漏れた豪華宿舎がまだゾロゾロある上に、彼らの給与削減案は見送り濃厚。庶民は「大増税&年金カット」だというのに年金は信じられない手厚さなのだ

 東京・目黒区大橋といえば、誰もが羨む高級住宅地。その一角に2万m2近い敷地を占める公務員宿舎「大橋住宅」がある。午前8時46分、その4階建て宿舎から出てきたのは勝栄二郎・財務省事務次官(61)である。野田佳彦首相や安住淳財務大臣を手玉に取って消費税増税を主導し、「陰の総理」とも呼ばれる大物だ。実は、勝氏が後にしてきた宿舎の家賃はべらぼうに安い。広さは約90m2、3~4LDKの間取りで家賃と管理費を合わせて月約8万円。近辺の民間マンションなら25万円前後はするから、3分の1だ。

 公用車に向かって歩を進める勝氏を直撃する。

---次官が住んでいるこの大橋住宅は、公務員宿舎削減計画の対象になりませんでしたね。

「ええ~っと・・・・・・(苦笑い)」

---宿舎削減は消費税増税を実現するためのパフォーマンスとの声もあります。

「いやいや(小さな声でつぶやき、迎えの車に乗り込む)」

---陰の総理と言われることについてはどう思いますか。

「・・・・・・(視線を合わせず無言のまま)」

 ついに何も答えず、そのままドアを閉めて走り去った。