焦点は東京一極集中に解体!水面下で「みんなの党」と連携する「橋下徹旋風」で民主も自民も選挙前に「分裂危機」
〔PHOTO〕gettyimages

 大阪ダブル選挙で圧勝した橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事の動きが政局の鍵になってきた。来年には衆院の解散・総選挙が必至とみられる中、橋下旋風は永田町に暴風雨をもたらすだろうか。

 すでに嵐の予感がある。橋下に秋波を送りつつ、新党結成の意向を表明した亀井静香代表率いる国民新党が大荒れ状態に陥ったのだ。

 14日に開かれた同党の議員総会で、下地幹郎幹事長が「早めに新党をつくって自民党でも民主党でもない人たちの受け皿になる」と発言すると、森田高総務政務官が「どういうつもりで新党と言っているのか。支持者に説明できない」と猛反発した。亀井は「オレを信じられないなら、勝手に党を離れろ」と捨て台詞を吐くありさまだ。

水面下で始まっている橋下・渡辺の連携

 これは国民新党だけの話にとどまるだろうか。明日の自民党や民主党でも同じ事態が起きないとは言い切れない。なぜか。

 橋下・松井コンビが率いる「大阪維新の会」には、自民党の石原伸晃幹事長や民主党の小沢一郎元代表、さらに石原慎太郎東京都知事までが熱いエールを送っている。石原幹事長は自民党大阪府連がライバル候補を応援して敗れたにもかかわらず「実は内心、橋下勝利を喜んでいる」とまで語った。

 亀井は石原都知事が新党の代表に就任する可能性に言及しつつ、橋下にも合流を呼びかけた。その都知事はダブル選の最中に橋下スキャンダルを掲載した週刊誌に対して「バッシング報道に腹が立った。義憤を感じる」と憤り、橋下の応援にはせ参じている。

 肝心の橋下はどう動くのか。事態がだんだん明瞭になりつつある。連携相手は、ずばり「みんなの党」だ。

 橋下は14日のテレビ番組で、大阪都構想を実現するために必要になる地方自治法改正案作りで、みんなの党と協力した事実をあきらかにした。橋下の「大阪維新の会」と渡辺喜美が率いる「みんなの党」は事実上、連携活動をスタートしているのだ。

 渡辺はダブル選では国会議員でただ一人、5日間も現地に入って橋下を応援した。カメラの砲列が集中した「万歳三唱」の壇上にはさすがに上がらなかったが、この応援を通じて橋下と渡辺の関係が一層、緊密になったのは間違いない。

 橋下と渡辺の連携は水面下でも始まっていた。

 大阪維新の会は「大阪都構想」と並んで職員基本条例案と教育基本条例案を作り、9月に大阪市議会に上程した。この条例案を企画立案したのは、渡辺が公務員制度改革担当相だった当時の補佐官で現在、政策コンサルタントの原英史政策工房社長(経済産業省出身)である。残念ながら維新の会は市議会で少数野党だったため、両条例案は公明、自民、民主系、共産の4会派の反対で否決されたが、橋下は当選後、再提出を目指している。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら