全国に広がる"Co-work"の流れ! 関西にもコワーキング・スペースが拡大中
「奈良初のコワーキング・スペース"Coworking-Wakakusa"。外国人観光客も多い土地柄、国際色豊かにコワーキング」

世界中に広がる、新しいワークスタイル「コワーキング(coworking)」

 フリーランスのデザイナー、クリエイター、ライターをはじめ、会社設立の準備に取り組む起業家や、スキルアップに励む会社員まで、業種・職種を問わず、ビジネスパーソンが自由に集まり、互いの強みを活かしながら協働する「コワーキング(coworking)」は、欧米を中心に、新しいワークスタイルのひとつとして、確立されつつありますね。

 この現場となる「コワーキング・スペース」は、利用者がオフィススペースをシェアするという点ではレンタルオフィスと似ており、コンピュータの電源やインターネットが使えるという面では、カフェや喫茶店のような要素もありますが、これらと決定的に異なる点は、オフィス机や電源、インターネットといった物理的なインフラではなく、ヒトを機軸とするコミュニティであること。

 それぞれ個々に活動する不特定多数の人々が場所をともにすることで、アイデアや情報の効果的にシェアできるのみならず、自立する"個"の集まりから"同じ釜の飯を食う"かのような連帯感が生まれ、新しい協働につながる可能性を秘めています。

 日本では、「PAX Coworking」(東京都世田谷区)や「co-ba」(東京都渋谷区)など、首都圏を中心に、コワーキング・スペースが増えてきましたが、同様の流れは、関西でも活発です。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら