メディア・マスコミ
WSJは「小沢一郎が首相のナンと全面対決」と誤記
アメリカの有力紙で単純ミスが続出する事情

記者の5人にひとりがリストラ
2010年8月26日付ウォールストリート・ジャーナルの1面。菅直人を「ナン」と表記している

 2010年8月26日、民主党前幹事長の小沢一郎が9月の代表選に立候補すると表明した。再選を狙う首相の菅直人と全面対決することになったのだ。

 同日付のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)も1面で「小沢VS菅」を報じた。過去二十四時間以内に起きた主要ニュースを一覧にして見せる「ホワッツ・ニュース」の中で、こう書いている。

「小沢一郎が与党・民主党代表の座を目指し、首相のナンと全面対決する計画だ」

 アメリカを代表するクオリティーペーパーが世界第二位の経済大国の首相の名前を誤って「カン(Kan)」ではなく「ナン(Nan)」と表記したのである。しかも掲載場所は最も目立つ一面だ。

ルパート・マードックによるリストラ

 ひと昔前のWSJであれば、こんな単純ミスはあり得なかっただろう。何しろ、半世紀以上にわたって「全米で校正を最も徹底している日刊紙」として知られていたのだ。「WSJ中興の祖」エドワード・キルゴアによる「キルゴア改革」の精神を守り続けてきた結果である。

 キルゴアは1941年に編集局長に就任すると、「ウォール街のゴシップ紙」から「アメリカを代表する一流紙」への脱皮を宣言した。「誤字・脱字が続けば、記事の内容まで信用してもらえなくなる」と考え、校正を徹底して誤字・脱字の駆逐を目指したのである。

 「カン」を「ナン」と表記するような単純ミスは、メディア王ルパート・マードックの影響かもしれない。WSJの親会社ダウ・ジョーンズは2007年、マードック率いるニューズ・コーポレーションへ身売りしている。

ウォールストリート・ジャーナルを手に入れたメディア王ルパート・マードック〔PHOTO〕gettyimages

 マードックはダウ・ジョーンズ買収後「WSJでは記者が書いた原稿は、印刷所へ回される前に平均すると八.三人に読まれている。何ともばかげたことだ」と公言した。「全米で校正を最も徹底している日刊紙」という評判を守るよりも、原稿を読む編集者の数を減らしてコストを下げる方が重要らしい。

 過去10年で、アメリカ全体ではざっと5人の1人の割合で新聞記者がリストラされている。WSJに限らず、紙面の質低下はどの新聞社でも懸念されている。高級紙の代名詞にもなっているニューヨーク・タイムズ(NYT)も例外ではない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら