鍵は世代交代にあり!ハーバードビジネススクールのスター教授も驚いた優秀な若手起業家やハーバードに負けない学生たちが日本の未来を握っている


 先月の下旬、知人であるハーバードビジネススクールの有名教授が来日。日本のグローバル化とリーダーシップを研究している彼の依頼で、政財界の要人含む様々な人物との面会の機会を用意した。健全な批判精神にあふれるカーシク教授が下した日本の未来予想図は「将来はきっと明るい」というもの。「日本の若い起業家や学生は創造力と活力にあふれている。日本の未来そのものだ。早く彼らがもっと活躍できる舞台さえ整えれば日本の未来は明るい」と断言した。

次世代のスターと言われるラマーナ・カーシク教授の経歴は素晴らしい。ボンベイ大学を首席で卒業し、MITの博士課程を3年で修了。博士号取得とともに、ハーバードビジネススクールにスカウトされた。学生の平均年齢より若くして世界最高のビジネススクールの教壇に立っていたのだ。コーポレートガバナンス、国際財務会計、マクロ経済、政治経済学等と関心領域も幅広い。

日本のリーダシップ欠乏症に唖然

 実は彼はもともと政治家志望だ。インドのエリートには政治志望者が多い。比較的恵まれた環境にある彼らは、「インドの貧困を救いたい。ビジネスでは限界がある。政治で解決しなくては」との思いが強い。しかし、あまりの政治腐敗を目の当たりにして断念してしまう人が多い。カーシク教授は「ハーバードビジネススクールにもインド人が多い。彼らをリーダーとして育てることに貢献し、結果として祖国の貧困撲滅に貢献しよう」と気持ちを切り替えたという。

私とはハーバードロースクールが主催する国際会議で一緒にパネリストを務めて以来の仲である。ハーバードの教授専用のカフェテリアでランチをともにしながら、政治や経済談義に花を咲かせた。私の話をきっかけに、もともと日本ファンであったカーシク教授は、さらに日本に関心を持ち、ビジネススクールの研究として来日した。

各政党の幹部、主要財界人、政府高官たちにアポイントを取って、インタビュー。私にとっても、久しぶりにお会いする方々ばかりなので、旧交を温めるいい機会になった。財界人や政治家や官僚にとってハーバードビジネススクールの教授に取材をされることは悪い気はしないようだった。

しかし、日本のトップに会うたびにカーシク教授の表情が暗くなっていく。

「コーターロー。私は日本の問題の核心がわかった気がする。来日して人々の優秀さや優しさや団結力にすぐ気付いた。技術も素晴らしいし、街にはあらゆる技術が活かされているし、整然としている。その日本がなぜ20年も停滞するのか?それがよくわかった」と切り出す。


「それはリーダーシップがどこにもないからだ。みんな当事者がない。他人事なのだ。政治家は官僚を悪者にする。官僚は政治家のせいにする。財界人は政治と霞が関が悪いという。『俺がやってやる!俺が変えるのだ!』という人が一人もいない。彼らの多くは問題の解決を実行できる立場にあるのに!」と続けた。

「コータロー。日本の問題は深刻だよ。条件だけみたら、欧州やアメリカより日本の現状はまだましかもしれない。でも日本のトップには当事者意識が驚くほどない。これはいけない。これから危ない。日本は立ち直れないかもしれない。日本にはリーダーシップ教育がないと聞いていたが、今からでは遅いかもしれないが、さっそくそれにとりかかるべきだ」とうなだれるように結んだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら