upperline

 12月2日、臨時国会(第179回国会)は閉幕を迎えた。

 終盤の数日間、テレビ中継入りに質疑もいくつかあったが、全般にあまり面白くなかった。失言問題の一川防衛大臣をはじめ、"閣僚のクビをとる"ことが焦点になったためだ。

 本来、今このタイミングで、国会で議論してもらいたい政策テーマは、いくつもあった。増税、社会保障、震災復興、TPPへの対応など、それぞれ何日間の集中審議をやってもよいぐらいの重要テーマだったと思う。

谷垣自民党総裁〔PHOTO〕gettyimages

 だが、そういう政策論争が置き去りにされたまま、国会は閉会。

 その大きな要因は、11月30日の党首討論だった。

なぜ谷垣はやりこめられたのか

 マスメディアでも論評されたとおり、谷垣自民党総裁vs野田総理のセッションで、谷垣総裁はほとんど見せ場を作れず。逆に、野田総理から「TPPで自民党の立ち位置は?」「増税は協議に応じてくれるのか?」と逆襲を食らい、やりこめられた。

 大将が負けた自民党は、これ以上の政策論争は不利とみて、失言問題追及と問責決議に突き進んだ・・・というのが、終盤国会の経過とみてよいだろう。

 だが、野田政権の支持率が低下し、求心力が失われつつある絶好の局面で、なぜ谷垣総裁は見せ場を作れなかったのか?

 本人のディベート能力の問題もあろう。だが、それ以上に、構造的な問題が背後に潜んでいる。

 それを読み解くために、まず、このつまらない党首討論を、<質問>と<答え>という"骨組み"だけに分解して見てみたい。

次ページ  谷垣総裁が取り上げたテーマは…
1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ