本当に県民を愚弄しているのは誰か。谷津憲郎朝日新聞那覇総局長の「防衛局長発言」コラムが明かす朝日沖縄報道の「構造的差別」

辺野古の海岸〔PHOTO〕gettyimages

 11月28日夜、那覇で田中聡沖縄防衛局長がオフレコ懇談を行った。翌29日、琉球新報が〈 沖縄防衛局の田中聡局長は28日夜、報道陣との非公式の懇談会の席で、米軍普天間飛行場代替施設建設の環境影響評価(アセスメント)の「評価書」の年内提出について、一川保夫防衛相が「年内に提出できる準備をしている」との表現にとどめ、年内提出実施の明言を避けていることはなぜか、と問われたことに対し「これから犯しますよと言いますか」と述べ、年内提出の方針はあるものの、沖縄側の感情に配慮しているとの考えを示した。 〉と報じ、これが大問題になった。

 田中局長は29日に東京に呼び戻され、事情聴取を受けた。同日夜、一川保夫防衛相は、記者会見で田中氏を沖縄防衛局長から更迭し、防衛大臣官房付とした。

 本件に関する朝日新聞那覇総局長の谷津憲郎氏が12月3日朝日新聞朝刊に掲載したコラムに筆者は強い違和感を覚える。まずこのコラムを引用しておく。

〈 朝日新聞朝刊〈記者有論〉防衛局長発言 問題なのは言葉だけか

■谷津憲郎(那覇総局長)

 あの夜、1時間ほど遅れて居酒屋につくと、目当ての人は奥のテーブルでにぎやかにグラスを交わしていた。田中聡・沖縄防衛局長(当時)と、それを囲む報道各社。男ばかりが約10人。3千円の会費を払い、私は隣のテーブルで報道室長と話し始めた。

 犯す前にこれから犯すと言いますか---。沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場の移設に向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書の提出について、田中局長がそういう発言をしたのは、この店でのことだった。「率直な意見交換を」と局長の発案で開かれた懇談会。「評価書の提出は12月のいつごろ?」「越年する可能性は?」。公式の会見ではおざなりな答えしか返ってこない。質問を重ねる中だった。

1234
メルマガ表紙
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」

価格:1,080円(税込)
第2・第4水曜日配信+号外
「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」を購読する

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」最新の記事
佐藤 優の書籍紹介