生命保険だって無料の時代がやってくる
著書を無料公開した「日本版フリー」の衝撃 (後編)

対談  岩瀬大輔×坪田知己〔後編〕

前編はこちらをご覧ください。

岩瀬大輔
ライフネット生命保険株式会社代表取締役副社長 1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部を卒業。ボストン・コンサルティング・グループ、リップル・ウッドなどを経て、2004年にハーバード・ビジネス・スクールへ留学。日本人としては4人目の「ベイカー・スカラー(上位5%の優等生)」を獲得し、ライフネット生命の創業に関わる。著書に「生命保険のからくり」(文春新書)など。

岩瀬 どんなに出版社が頑張っても、大きな流れには抵抗できません。今回、「生命保険のカラクリ」をネット上で無料公開することについては、出版社の方は複雑な思いを抱えているようでした。しかし、これは「いい・悪い」ではなくて、「いつ・どのタイミング」でやるかというだけのことではないかとお話をしました。

 とはいえ、やってみてどのような反響があるのか、どんな流れになるかはまだ判りません。ほかの著者の方々もそうしたら、新書全体、ビジネス書全体、またはフィクション全体がどうなるのかもわかりません。坪田さんは、書籍、出版の将来についてどうお考えですか。

新しいビジネスモデルのヒントは
すでにある

坪田 今は、アテンション・エコノミーの時代なんです。全体の中からどう注目されるかが大事です。かつて、田舎道しかなかった時代は多少不便でもみんながそこを通ったでしょう。しかし、100車線もあるようなバイパスが近くにできているのに、古い田舎道を大事にしようと固執しているのが、今の出版社であって新聞社です。

 しかし今はもう、バイパスが開通しているんですから、新しいビジネスを考えなくてはいけません。

岩瀬 新しいビジネスモデルが必要ですね。

坪田 その新しいビジネスのヒントはすでにあります。たとえば今日、私は岩瀬さんにお目にかかって、岩瀬さんがどんな方なのかがよくわかった。その岩瀬さんから「この本は面白いですよ」と勧められたら、読みます。実は私は、ミクシィやメールで勧められた本を読むことがとても増えています。

坪田知己

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別研究教授 1949年岡山市生まれ。東京教育大学文学部哲学科卒業後、72年日本経済新聞社入社。経済部記者、日経BP社「日経コンピュータ」副編集長などを経て、2005年、新聞業界では初めてのメディアビジネスの総合的な研究を行う「日経メディアラボ」発足に伴い、初代所長に就任。著書に『2030年 メディアのかたち』(講談社刊)など

 かつては新聞の書評欄で面白そうな本を探していましたが、今はネット経由で勧められて読む本が、全体の半分くらいを占めています。「この人の今回の本は前回のあれより面白かった」と比較をしたり、「具体的にここが良かった」と抜き書きをしてまで教えてくれる人がいるんですね。

岩瀬 それは、おいしいお店を探すときに感じます。匿名の人が投票しているレストラン評価サイトを見るより、信頼する人に教えてもらった方がいいですからね。本で言えば、書評ブロガーに献本が集中するのも同じことなのかも知れませんね。

坪田 そうです。しかし、例えば書評をするにしても、引用のための抜き書きを、その人がする必要はあるでしょうか。どこかにアーカイブがあれば、リンクを張って飛べるようにしておけばいいわけです。アーカイブの重要性は、ニュースにおいても感じています。私が長年勤めた新聞社などが扱うニュースは、できるだけ早く伝えることが大前提です。そしてそれを、ネット上でも朝夕刊のように、アーカイブ的にまとめるというのがこれからのひとつの姿だと思います。

新聞の「フリー化」はどうなる?

岩瀬 そこで気になるのが、ニュースはどうやってアテンションをとっていくのかということです。これはテレビでも同じかも知れませんが、一部のサイトでは、センセーショナルな見出しをつけて、ジャーナリスティック的見地からは価値のない、面白いだけの情報でアテンションを奪おうとしています。