雑誌
大調査ひと目で分かる「消費電力」
完全保存版 この夏、あの電気を止めるのはあなた
家電の電力消費における25%がエアコンである。〔PHOTO〕gettyimages

 東京電力管内の企業や家庭は夏季には、前年比15%以上の消費電力の削減が求められる。猛暑が予想される今年、これは容易ではない。実現するためには、節電。そのためにまず消費電力を知ることだ。

自販機よりATMの方が

 節電が叫ばれるなか、石原慎太郎東京都知事から目の敵にされているのが、自動販売機とパチンコ。それらの消費電力は、1台あたり次のとおりである。

自動販売機 約300W
パチンコ台 約200W

 液晶テレビ(37型)が150Wなので、それよりは高いが、とりたてて過剰というほどでもない。

 本誌はあらゆる電気器具、施設の消費電力、または1日あたりの消費電力量を調べた。その結果を述べる前に、まず、2つの違いについて簡単に説明しておこう。

「消費電力」は電気器具を作動させるときに使う電力で、単位はW(ワット)。また「消費電力量」というのは、消費電力×時間のことで、単位はWh(ワット時)。例えば100Wの電球を12時間つけた場合、100W×12時間=1200Wh=1・2kWhとなる。

 さて、街中で自動販売機よりも目立つ存在なのが、コンビニエンスストアだろう。最大手のセブン-イレブン・ジャパンに聞くと、広報担当者はこう答える。

「昨年7月~9月の平均で、1日あたりの1店舗の消費電力量は480kWhになります」

 つまり24時間営業のコンビニの消費電力は20。1軒が自動販売機の約67台分にあたる。ちなみにコンビニは都内だけでも約6200軒ある。それだけ人々の日常生活に欠かせないものになっているのだ。

「消費電力の割合は、冷凍庫が20%弱、照明が15%、空調が15%です。現在、照明設備のLED化や店頭看板の消灯などで、昨年夏季比で約25%削減することを目標にしています。店内の空調も1~2度設定温度を上げることになろうかと思いますので、冷えた印象がややゆるやかになるかもしれません」(セブン-イレブン広報担当者)

 店内の温度にとても文句は言えない。同様にスーパーマーケットはどうか。首都圏で約100店舗を展開するスーパーマーケットチェーンの担当者はこう話す。

「一昨年8月の1日あたりの消費電力量は、1店舗(年中無休で12時間営業、店舗面積は約2000㎡を想定)で約550kWh。これは、同年3月と比較すると約1・5倍になります。スーパーは冷蔵庫関連が40%、空調関連が20%ですから、夏はどうしてもそれくらいの数字になります。試算すると夏季の1店の消費電力は約46ですね」

 銀行のATMも駅周辺には何台も見かける。日本全国にATMは、有人店舗、無人店舗含めて約19万台が設置されている。その1台あたりの消費電力は、ATMを製造するメーカーの担当者によると、「動作時で最大約1kW、通常時で500W、利用者が来るまで必要外の電源を落としている省エネ時で250Wぐらいでしょうか」というから、通常時では自動販売機よりもやや多い。

 また最近、駅などのエスカレーターが使えなくて足腰が辛いという方も多いだろう。1階分を昇る一般的なエスカレーターの消費電力は、約5~7kW。1日12時間稼動した場合は、60~84。ちなみに1世帯の1日あたりの電力使用量が約10である。同じくマンションなどで使用されている住居用の9人乗りエレベーターは、消費電力は3~6kW、また作動していない場合でも待機電力がおよそ200Wほどかかる。日本全国にエスカレーターは約6万3000台(動く歩道も含む)、エレベーターは約66万台ある。このうちの数分の一でも稼動を停止させれば、節電効果は絶大だろう。

 最近、夜、街を歩くと、暗いと感じることはないだろうか。それは街灯の点灯が自粛されているからだ。

「ごく一般的な街灯の消費電力は190Wです。本来ならば防犯上、街灯は消すべきものではありませんが、現在はそれを超えた事態であると考えています。場所ごとに街灯の設置状況をみながら、防犯上の影響が少ないものに関して順次、バッテリーを落としている状況です」(東京都建設局道路管理部)

 数は少ないが、いかにも消費電力が多そうなのが、オーロラビジョン。例えば、JR新宿駅東口前のスタジオアルタのオーロラビジョンは、約600インチ(約60畳)の巨大スクリーンだ。平均消費電力は44とコンビニ2軒分強。またJR渋谷駅ハチ公口のスクランブル交差点にある大型ビジョンは、245インチのスクリーンで平均消費電力は14だという。このビジョンを管理する関係者はこう悩みを明かす。

「LEDを使用しているため、見た目ほど電力は消費していませんが、どうしても世間からは大量の電気を浪費していると思われてしまう。現在は放映時間を減らして対応しています」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら