2011.04.28(Thu)

今こそ考える!なぜ日本は食料輸入大国になったのか Vol.2

生きるためにいちばん大切な「食」の話

筆者プロフィール&コラム概要
コメ作りの近代化・機械化が求められ、トラクター、田植え機、コンバインが農業の「三種の神器」と呼ばれた。〔PHOTO〕gettyimages

文:柴田明夫

vol.1はこちらをご覧ください。

工業の発展に必要な農業の近代化

 飢えの心配がなくなると次の目標は、「工業を発展させて、もっと豊かになろう」というものになる。

 一九五四年ごろには、工業分野での生産量が戦前の水準にまで回復していた。その大きな要因となったのが朝鮮戦争だ。

 一九五〇年、アメリカがバックについた韓国と、旧ソ連、中国がバックについた北朝鮮との間で戦争が勃発。日本は、朝鮮半島で戦うアメリカの後方基地となり、衣料品などさまざまな物資の生産や、戦車や飛行機の修理などを請け負うことで経済復興を成し遂げた。

 この好景気をきっかけにして、一九五六年に高度経済成長の幕があいたんだ。

 高度経済成長を軌道に乗せ、発展させるために、政府は一九六一年、「農業基本法」という法律を作る。この法律のポイントは、農業を近代化して、コメの増産を図るということ。

 ここで、「工業化を目指すのに、どうして農業の法律を作るの?」と疑問に思う読者もいるだろう。じつは国を工業化するためには、農業の近代化が必要になるんだ。それはなぜか?

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

経済の死角

ビジネスパーソン、必読!週刊現代、FRIDAY、セオリーなどが特集した経済、企業に関する話題記事を厳選公開。