雑誌
全国民必読60歳から年金をもらおう
どうせ当てにならない年金制度、「繰り上げ受給」で早く確保した方が賢い

繰り上げの方法と、得か損かのシミュレーション
左が繰り上げ請求書。右は年金申請に必要な裁定(年金)請求書

 手続きは、年金の申請書類に1枚の紙を添付するだけ。たとえ減額されようと、早めに受給したい。定年後、無年金に悩むこともない。基礎年金に加えて、厚生年金も繰り上げて受け取る時代が来る。

「政府が信用できない」から

 本誌先週号の「年金は60歳からもらった方が賢い」は、大きな反響を呼んだ。

 たとえば、ある公務員の男性(54歳・神奈川県)は、編集部にこんな便りを寄せている。

〈私個人としては、「低い金額で構わないので早めに年金をもらおうかな。数年後はもらえるかどうか不安だから」という考えでいます。すなわち、「年金制度を考えている今の政府が信用できない」というのが本音です〉

 厚労省が支給開始年齢を70歳まで引き上げる案を検討し始めてから、「年金」への不信感は一気に高まった。リーマン・ショック、欧州危機などによる株式市場低迷などで年金財政は逼迫しており、この先制度が破綻して、年金がもらえなくなるのではないかという不安の声が尽きない。

 現在、基礎年金(国民年金及び厚生年金の定額部分)の支給開始年齢は65歳まで引き上げられている。

 60歳支給開始となっている厚生年金(報酬比例部分)も今後、受給開始年齢が段階的に引き上げられ、50歳以下の男性は全員が65歳からの支給となる。

 このままだと現在の年齢が50歳以下の人は、会社を定年退職した60歳から65歳を迎えるまで「無年金・無収入期間」を耐え忍ばなければいけないのだが、実は別の選択肢もある。

 特別に希望すれば、基礎年金の受給を「60歳から」に繰り上げて開始することもできるし、逆に70歳まで繰り下げることもできるのだ。

 今後、'13年から'25年にかけて段階的に支給開始年齢が引き延ばされる厚生年金についても、特別に希望すれば、60歳からもらえるのである(後述)。だとするならば、なるべく早く年金をもらったほうがむしろ良いのではないか、という意見が識者たちから数多く上げられているのだ。

 まずは、年金を早くもらうことの主なメリットとデメリットを押さえておこう。

《メリット》
A.受給途中で年金財政が破綻し(あるいは大幅減額され)もらい損なうリスクを避けることができる
B.定年後の無年金期間(60~64歳)の収入が保証される
C.貨幣価値が高いデフレのうちに、手元に現金を確保できる
D.退職後、ただちに自分のやりたいことができる、前向きな人生を送れる

《デメリット》
a.受け取れる額が生涯にわたって減額される
b.一度繰り上げ請求をすると、その取り消しや変更が一切できない
c.65歳前に重度の障害を負っても、障害基礎年金が請求できない
d.配偶者が死亡した場合、65歳までに受け取れるはずの遺族年金か、繰り上げた年金かの、どちらか一方しか受け取れない

 いつから受給するかはあくまでも個人の選択に委ねられるが、ここでは60歳から受け取るという見地に立って、その方法と損得を考えていくことにしよう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら