雑誌
御年、85歳ナベツネじいさん、まさか、このオレに歯向かうとは「読売王国」クーデター全内幕みんな怖くて言えなかった
「王様は裸だ!」

 新聞記者だって人間だ。新聞記者だってサラリーマンだ。最高権力者に意見して身を危うくするのは嫌だ。だから、今回の清武クーデターには驚いた。でも今はやっかんでいる。足も引っ張りたい。

「オレは最後の独裁者」

「今後清武君の処遇がどうなるかわからないが、ナベツネ帝国終わりの始まりですよ。長くやりすぎた。

 ナベツネはいま、日本テレビの経理状況までチェックし、指示を飛ばしています。読売本社でも、6月の総会で内山(斉)さんがグループ本社社長を退任して以降、やりたい放題。『オレは最後の独裁者』と公言しています。社会部記者を広報や総務に集め、警察や国税などの情報をとらせて蓄積している。

 しかし、清武君が発表した声明のなかに、『自分が了承したことを全く忘れておられるということなら、渡邉氏は任に堪えないということ』とあった。要するに、さしものナベツネも年老いて、記憶力も判断力も衰え、ドンとしての力を失っているのではないか、と指摘しているんだ。この波紋は小さくない。多くの幹部が心のなかで思っていても、口に出せなかったことをはじめて口にした」(読売新聞OB)

 読売のドン、新聞界のドン、渡邉恒雄・読売新聞グループ本社会長(85歳)を、巨人軍・清武英利球団代表(61歳)が公然と批判した。読売内ではドンに歯向かうなど、あってはならないことだ。絶対服従。たとえ閑職に飛ばされても、文句を言ってはいけない。この20年、まともにドンに逆らった者は一人もいない。とくに巨人は、ドンにとって重要なツールのひとつだった。

「かつてほどではないとはいえ、巨人は依然として巨額の収益を上げる読売グループのドル箱なんです。社会的な注目度も高い。ナベツネさんにとっては、権力を誇示できる道具であり、自由にできる財布でもあるんです。事実、ナベツネさんが子どものように可愛がっている長嶋一茂には、鶴の一声で高額の年俸を払い続けている」(元球団幹部)

 これだけの人気球団を意のままに操れたら、気分が悪いわけがない。怖い物なし、社内でも社外でも放言し放題だ。

「最近の会長は、酒が入るとひどく感情的になって、怒鳴り散らしたりすることが増えた。相変わらず『悪名は無名に勝る』とか、独特の格言を駆使した話術は健在だが、人の名前を覚えたりすることは難しくなってきている。

 '09年に水上健也・元経営戦略会議議長、今年3月に氏家齊一郎・日本テレビ会長など渡邉会長と同世代のグループ幹部が相次いで亡くなり、いまは本社の役員クラスでさえ、渡邉会長にとって息子のような年齢です」(読売新聞元幹部)

 読売新聞グループ本社社長を務める後継者候補一番手・白石興二郎氏でさえ、20歳年下。かつてのカミソリのような明晰さこそ減じているが、渡邉会長の風圧は、ほかの役員を圧倒している。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら