雑誌
インサイド・レポートあなたの会社が危ない!
パナソニック、トヨタほか深くて長い苦悩の始まり

トップ企業が次々「赤字転落」「業績不振」
決算発表をするパナソニックの大坪文雄社長〔PHOTO〕gettyimages

 何かが変わった。この不調は円高のせいだけじゃない、これからずっと続くのかもしれない

 確かに大震災はあった。円高の影響も大きいだろう。でも、日本企業がダメなのはそれだけが理由なのか。その危機感が一流企業から伝わってこないことが、実は一番大きな問題なのかもしれない。

ジャーナリスト 井上久男

決算発表での異様な光景

 10月末から11月にかけて発表された日本の名だたる大企業の業績は、3・11の東日本大震災や、ギリシャ・ショックに端を発した1ドル70円台という超円高の影響を受け、大幅な赤字や大不振に陥った。メディアでは「'08年秋のリーマン・ショック以来」という言葉が躍る。では、これらの外的要因がなくなれば、この苦境は一時的なものとして、ふたたび日本企業は立ち上がることができるのだろうか。それとも、もっと根本的なところに日本企業共通の病巣があり、これまではリストラなどで覆い隠してきたものが、震災や円高によって一気に吹き出しただけなのか。

 10月31日午後、大阪ビジネスパーク(OBP)にある「パナソニックタワー」では、パナソニック2011年度連結中間決算(4月~9月)に関する記者発表が行われた。毎年恒例の発表だが、今年は会場内に異様な雰囲気が漂っていた。