雑誌
レベル7 経済大国からの転落
ポルトガルになるのか
リスボン大地震の様子を伝える彫刻〔PHOTO〕gettyimages

 EUで3ヵ国目となる財政危機を迎えているポルトガル。そういえば、かの国も昔、大地震と津波で壊滅的な被害を受けた。ただし、「財政破綻」の暗雲が広がる日本上空には放射性物質まで舞っている。

大地震、そして大津波も共通

「東日本大震災が起こったとき、私はすぐ『リスボン大地震と同じだ』と思いました。リスボン大地震は、フランス革命と並ぶ18世紀ヨーロッパの重大事件だと、ポルトガルでは言われています。ただ、いまポルトガルのメディアでは、日本の震災のことはあまり報道されていません。自分の国が大変なことになっているからです」

 東京都港区にあるポルトガル文化センター取締役のジョゼ・アルバレス氏は、深刻な面持ちでそう語った。

 アジアの東端にある日本が震災という国難を迎えているいま、ヨーロッパ西端のポルトガルは、財政破綻の危機に直面している。近年、ポルトガルは慢性的な財政赤字を国債で穴埋めしてきた。しかし、信用不安から、大口引き受け手である銀行が国債を手放したことで深刻な財政悪化に陥った。さる4月6日、ポルトガル政府は、EUとIMF(国際通貨基金)に、3年間で600億~800億ユーロ(約7兆3000億~9兆8000億円)の金融支援を要請したばかりだ。

 EU諸国ではギリシャ、アイルランドに次ぐ3ヵ国目の財政危機だが、エコノミストの間ではいま、このポルトガルと日本の姿を重ねて、日本もポルトガルのようになるのではないかと危惧する声が出ているのである。

「リスボン大地震が起きたときのポルトガルを取り巻いていた状況は、確かに日本の現状とよく似ています。たとえば、もともと大航海時代にスペインと並ぶ強国だったポルトガルですが、地震が起きた当時はイギリスなどにその地位を取って代わられようとしているときでした。一方、日本も東アジアの盟主の座を中国に奪われるかどうかの瀬戸際で、今回の東日本大震災に見舞われたのです」(大阪大学名誉教授の川北稔氏)

 つまり、日本もいずれポルトガルのように落日を迎え、二度と経済大国として復活することはないかもしれないというのだ。

 その可能性について述べる前に、リスボン大地震について紹介しておこう。この大地震そのものが、日本を襲った東日本大震災と酷似している。

 1755年11月1日、午前9時40分ごろ、推定マグニチュード8・5の大地震がポルトガル南西部を襲った。ヨーロッパ全土に強い揺れを起こしたこの地震のエネルギーは凄まじく、首都リスボンでは、一瞬で85%の建物が倒壊し、多数の市民が石造りの民家の中で押しつぶされた。

 さらにしばらくして、不気味なほど沖へと引いていた海水が一転、最大で15mほどの大津波と化して、リスボンに襲いかかった。浅瀬や空き地などに避難していた生存者は、なすすべもなく怒濤に飲み込まれ、津波だけで1万人の市民が犠牲となった。最終的な死者の総数は諸説あるが、6万人とも伝わる。

 元駐ポルトガル大使の原聰氏が言う。

「いまでもリスボンには、いかにこの地震の被害が甚大だったかを語り継ぐための史料が、市の博物館に展示されています。この史料によればリスボン大地震はマグニチュード8・5~9・0。東日本大震災もマグニチュード9・0ですから、地震の規模もほぼ同じです。それに港が破壊されるなど、津波の被害が大きかったのも共通しています」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら