ライフ
「『スティーブ・ジョブズ』最後の秘話 ジョブズがiPadに入れていた唯一の本」 佐々木俊尚×井口耕二Vol.3

vol.2はこちらをご覧ください。

ハードスケジュールで綱渡りの刊行

佐々木: 緊急出版ということで、翻訳は大変だったんではないですか?

井口: とにかく時間がなかったですね。普通に考えてこの厚みだったら、8、9ヵ月ください、というくらいの分量です。それが、もらったのが7月頭からですからね(笑)。

佐々木: 日本語で言うと文字数はどのくらいありますか?

井口: 上下巻合計で15万字くらいですか。普通のノンフィクションの3冊分くらいです。それを3ヵ月でやったのです。

 翻訳の世界では一般に時間がない場合は人数を掛けて分担してやるんですが、それをやるとどうしても言葉は一人ひとりの感覚が違いますから、ばらついてしまうんですね。それで登場人物の性格が何だか揺らいだり、非常に気持ち悪いことになるので、できたら避けたい。

佐々木: 僕はてっきり共訳というかチームを作って翻訳をしているのだとばかり思っていましたが。

井口: そういう話も出たんですが、とりあえず一人でスタートしてみて、半月なり一ヵ月なりやってみて、これはどうしても間に合わないというときには考えましょう、となった。チーム制でやると、どうしても質は一段落ちざるを得ないので。

 結局、私一人で作業時間を延ばすことで対応した。普通は実際に仕事をしている時間が1日6時間くらいで、それ以外に何だかんだの雑用があって8時間くらいになって回っていくんです。今回は1日当たり10~12時間、長いときには14時間くらい作業をして、極力休み時間や睡眠時間を削ったり週末の休みをなくしました。

 普通は週5日×6時間に対して、そのペースだと2.5倍くらいの時間がとれる。3ヵ月を2.5倍すると7ヵ月くらいになって、8、9ヵ月欲しいところですからギリギリ何とかなるかな、というところです。

佐々木: 僕も物書きの仕事をしていますけど、パソコンに向かって原稿を打ち込んでいると、6時間くらい作業するともう煮詰まって、もう文字を見るだけで吐き気がするようになってきますね。