花粉症でも鼻炎でもないのに、咳やくしゃみ、鼻水の症状が出たら要注意!この季節を悩ます「寒暖差アレルギー」のメカニズム

原元 美紀
このエントリーをはてなブックマークに追加

 暑さ寒さも彼岸までのはずでは・・・? とボヤきたくなるほど、全国各地で気温の乱高下が続いています。

 11月に入ったというのに、最高気温が25度を超える日があるかと思えば、突然次の日には10度近く下がったり、また、一日の間でも寒暖差が10度も開きがあったり。

 そして、街ではマスク姿の人をたくさん見かけるようになりました。

 花粉症でも鼻炎でもないのに、咳やくしゃみ、鼻水の症状を訴え、みなさん「風邪」と答えますが、「でも、熱は無い」と口をそろえて言うのです。

 かくいう私も、身に覚えのない体調不良とくしゃみに悩まされています。

「これって、本当に風邪なの?」

 私の出演するテレビ朝日「モーニングバード!」で、この不思議な現象を取材すると、この症状の正体が明らかになってきました。

 それは、「寒暖差アレルギー」。

 あまり聞きなれない言葉ですね。

寒暖差アレルギーのメカニズム

 まず、寒暖差の原因は、「この時期としては珍しい、夏の高気圧が日本列島に入り込んできている」ことだと気象予報士から指摘されています。

 この大きな温度差の刺激が、鼻の粘膜の血管を広げ、粘膜がむくむことにより、鼻づまりなどのアレルギー症状につながっているというのです。

 寒暖差による体調不良はそれだけではありません。

 食欲不振・睡眠トラブル・疲れやすい・イライラするなど、自立神経に影響を及ぼしていたのです。

 自律神経は、寒い時は血管を縮め体温を逃がさないようにし、逆に暑いときは、血管を広げ温度差に体を適応させる役割を果たしているのです。

 しかし、その自律神経がスムーズに適応できる範囲は、寒暖差が約7度と言われています。

 それよりも大きな寒暖差には自律神経が適応できず、体がアンバランスな状態になってくるのだといいます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク