経済の死角

為替介入で大損こいた
われらの「8兆円」は一瞬にしてドブに捨てられた!

2011年11月17日(木)
週刊現代
upperline
やるなら自腹でやってくれ

 準備は10月半ばから秘密裡に進められていた。官邸スタッフが明かす。

「10月に入ってから、勝栄二郎財務事務次官は官邸に3回ほど足を運んでいる。表向きは月例経済報告、国会関連の打ち合わせと称していたが、実は為替対策の極秘会議。勝の腹心と呼ばれる木下康司国際局長も同席し、『75円50銭がターニングポイントだ』と話し合われた。為替介入の当日、状況は逐一、木下局長から勝次官に報告された。介入額が6兆円を超えたあたりから、電話回線はつなぎっぱなしだったらしい」

 満を持した円安介入---。止まらない超円高を阻止するため、政府・日銀は10月31日、一日で約8兆円を投入する大規模介入に踏み切った。75円台だった円ドルレートは79円55銭まで下げたが、1日たつと再び78円台に逆戻り。その後もズルズルと円高基調が続いている。東京福祉大学大学院教授の水谷研治氏は「そもそも為替介入がうまくいくはずがなかった」と指摘する。

「安住淳財務大臣は『納得いくまでやる』と言っていますが、世界中にあり余っているドルを日本がいくら買っても、ドル安(=円高)を止めることは不可能です。いまのドルはかつてのポンドのように、国力が衰えるとともに、通貨の下落に歯止めがかからない状況にある。もちろん政府・日銀にこれを止める術はなく、いずれ1ドル=70円を割るくらいまでは円高が進むでしょう」

 今年8月に当時の過去最高額(約4兆5000億円)を使って介入した時の〝前例〟を思い出しても、わかるはずだ。77円台だった為替相場は介入直後に80円台になったが、効果は継続せず、たった7日で値を戻している。もちろんその後はさらに円高が進み、ついに連日の〝戦後最悪〟を更新した・・・・・・。

 通貨戦争の歴史を振り返れば、イギリスのポンド危機にしても、アジア通貨危機にしても、当局がヘッジファンドを中心とする投機筋に敗北してきた歴史があることも見逃せない。

次ページ  それでも安住大臣は「神経戦を…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事