雑誌
運用大失敗の証拠を入手
「投信」大暴落 逃げ遅れると死ぬ

「分配金が15%とか20%ももらえると勧誘されて手を出したら、たった1ヵ月で基準価格が同じくらい目減りしたというケースはいくらでもある。しかも資産の半分くらいをつぎ込んでいて、気づいたときには大切な〝虎の子〟をほとんど失っている。そこで初めてリスクの高い商品だったと気づいても遅いんですが・・・・・・」(『投資信託事情』編集長の島田知保氏)

 投信の〝被害者〟が急増している---。もちろん欧州発の金融危機で、世界中の株式・債券が軒並み暴落していることを受けてのもの。特に日本人が好んで買っていた「高分配型」投信が暴落している。

 右の表はこの1年間で資金流入量が多かった投信トップ30の「分配金利回り」と「実績」を示したもの。モーニングスター調査分析部の辻哲氏が解説する。

「いずれも高い分配金を出している投信ばかりです。ただ分配利回りというのは、分母に基準価格、分子に直近1年間でもらえた分配金の総額を置いて計算した数値。だから1年間の基準価格の変動は加味されていない。これを勘案して出した投信の〝本当のリターン〟が表の数字。ほぼ100%、マイナスになっていることがわかります」

 すでに20%ほどのマイナスばかりという惨状なのだから、逃げ遅れることはすなわち、死を意味する。「今すぐ手放すべき投信」をセゾン投信代表取締役社長の中野晴啓氏に教えてもらおう。

「直ちに売却すべきは通貨選択型のハイイールド債券投信。低格付けの債券で運用するもので、1年ほど前は大人気の商品だったが、9月から分配金を下げるところが続出している。世界中で債券価格が暴落しているため、払えなくなっているのだろう。しかもこのタイプはブラジルレアルなどの外貨建てにしており、これらの通貨下落を受けて為替差損も出ている。

 二重にリスクを取ることで高配当を狙った商品だが、相場が裏目に出たいまは二重に被害が拡大しているわけだ。はっきりいってこの種のファンドは二度と生き返ることはないだろう。死に至るのは時間の問題だ」

 表中でも通貨選択型のハイイールド債券投信がいかに運用で失敗しているかよくわかるだろう。