賢者の知恵
2011年11月07日(月) 週刊現代

大反響!世界同時ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』
独占掲載第2回 ガンとの闘い

週刊現代
upperline
ジョブズの死の直後、世界中のアップルストアにはファンが手向けた花が〔PHOTO〕gettyimages

 10月24日に世界同時発売された評伝『スティーブ・ジョブズ』は、発売と同時に版を重ね、日本でも累計85万部に達した。11月1日刊行のⅡ巻の内容を中心に、アップル復帰からその最期までを紹介する。

今日の敗者も明日は勝者に

〈「イノベーションがないに等しい状況になってしまった。マイクロソフトがすべてを支配し、イノベーションはほとんどない。アップルは敗れた。デスクトップ市場は暗黒時代に入ったんだ」〉

「(アップルCEOの)スカリーがなまくらな連中となまくらな価値を持ち込み、アップルをだめにしたんだ。あいつらが気にするのは金儲け---主に自分たちのためだけどアップルにも儲けさせようとした---であって、すばらしい製品を作ることじゃなかった」〉

 天才的なセンスを持ちながら、〈人は「賢人」か「ばか野郎」しかいないし、その仕事は「最高」か「最低最悪」しかない〉という苛烈な性格が災いし、1985年、自ら創業したアップルを追われたスティーブ・ジョブズ。しかも、今となっては考えられないが、ジョブズが去ったことによりアップルの株価は7%近くも上昇。その理由について、株式ニュースには「東海岸の株主は、アップルはカリフォルニアの奇人が経営している点に懸念を抱いてきた」とまで書かれた。

 冒頭のように、コンピュータ市場や古巣について悪態をつきながら、彼は失意のどん底にいた。

〈ジョブズは自宅にこもった。ブラインドを下ろし、留守番電話にして、恋人のティナ・レドセとしか会わなかった。床に座り、何時間もボブ・ディランのテープを聴く。とくに「時代は変わる」を繰り返し聴いた。16ヵ月前、マッキントッシュを株主に紹介したとき、2番の歌詞を紹介した歌だ。そう、最後が「今日の敗者も/明日は勝者に転じるだろう・・・・・・」というあの歌である〉

次ページ  アップル追放後すぐにコンピュ…
1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事