雑誌
ゴーマン大臣安住淳(財務相)「コンプレックスだらけの青春時代」
ヤンチャだった高校卒アルから
"小渕優子にフラれた過去"まで(恥)プレイバック!
お猪口を持つ安住氏の背後に「マジメ」の文字。この写真で笑いを取り、ニヤニヤする安住氏の顔が浮かぶ

「お前らになんか、首相との話し合いの中身を言えるわけねーじゃねーか」

 10月初旬のある日、不良のような悪態が首相官邸の廊下に響き渡った。野田佳彦首相(54)との第三次補正予算の打ち合わせを終えた安住淳財務相(49)は、話の中身を聞こうとぶら下がる記者たちに、冒頭のように言い放ったのだ。余りに横柄な物言いに、官邸の警備員もア然とした表情で財務相を凝視していた。その場に居合わせた財務省詰記者が憤る。

「安住は歴代の中でも最低の大臣ですよ。権力を手に入れて増長したのか、チンピラのような物言いで勘違いも甚だしい」

 財務相担当記者たちに対し、「お前らがチョロチョロするから忙しい」と暴言を吐き、野党議員ばかりか、年上の官僚を摑まえて〝あいつら〟呼ばわりする。

 こんな彼のゴーマンな精神性は、いったいどのように育まれたのだろうか。

コンプレックス

 上の写真を見て欲しい。ガチガチに固めた髪をテカらせ、詰め襟の学ラン姿でお猪口を口に運ぶ学生。政治家センセイの過去にしては、さすがにヤンチャが過ぎるカットだが、これは、宮城県立石巻高校の卒業アルバムに収められた、安住氏の若かりし日の写真である。

制服のない石巻高校だが、応援団に所属していた安住氏は、学ラン姿が多かったという

〝ワルぶっていた〟高校時代、安住氏は、応援団の副団長を務めていた。当時の彼を知る同級生はこう語る。

「安住は、小柄だったけど運動神経が良く、誰とでも話ができてクラスの中では目立ってましたよ。東北大に進学して、歯科医になったお兄さんがいるんです。そのお兄さんの成績と比べると見劣りしますが、そこそこ勉強もできていました。その一方、勉強だけでなく、麻雀もそれほど上手くなかったですがやってましたね」