ドイツ
初等教育の「日独比較」ーー格差社会のもたらした秩序の崩壊と学力低下に悩むドイツ
〔PHOTO〕gettyimages

 先々週以来、漲る愛国心と日本の将来を憂う気持ちが相まって、日本の教育の悪い点ばかり書き連ねてしまったので、今週と来週は日本の教育の良いところを書くつもりだ。良いところも、実はたくさんある。特に義務教育が良い。

 「日本の教育は崩壊している。それに比べて、ドイツは教育がしっかりしている。その話をしてほしい」などという依頼をときどき受けるが、それは妄想だ。おそらく日本人は、古き良き時代のドイツの峻厳なイメージを、未だに根強く持っているのだと思う。

 ところが今のドイツの教育は、全体として見るなら日本よりももっと崩壊している。上と下の学力の差は甚だしく、そのため、ただ上だけを見ればドイツの教育はなかなか立派だが、下を見れば、日本人はホッと安堵のため息をつくだろう。

 私は、教育の最大の目標というのは、国民の学力の最低線を上げることだと思っている。つまり、義務教育の充実だ。一握りのエリートと、たくさんの蒙昧な国民がいる国は、良い発展ができない。その点から言えば、日本の義務教育は間違いなくドイツよりもいい。日本が良い発展をするチャンスは、とても大きいはずだ。

 日本に住んでいる人はあまり気付かないかもしれないが、日本は、世界でも稀にみる格差のない社会だ。その第一の理由は、義務教育が充実していることだと思う。初等教育の段階で不平等が起こると、それがいずれ貧富の差を作り、格差となり、ゆくゆくは社会不安に繋がる。格差の有る無しは、実は義務教育の充実度で決まるのである。

 日本でも最近ぼちぼち格差が問題にはなっているとはいえ、ここで言われる格差など、世界の他の国に比べれば、まだまだ生易しい。それは、何万円もする高級レストランで食事ができる人々がいるのに、一方ではコンビニのお弁当しか食べられないというような差だ。教育の機会不均等に根差す根源的なものではない。