upperline

vol.1はこちらをご覧ください。

取材・文 / 門倉 紫麻  撮影/ 神戸 健太郎

「『いぶき』という衛星を知っていますか? 2009年の1月に打ち上げられた、大気中の二酸化炭素濃度を測る衛星です。

 いままでは、地球上の数百点を測定して平均値を出すという定点観測だったんです。でも数百という数は不十分であるばかりか設置場所も先進国には多いが途上国や海上にはほとんどないといったように偏りがありそれでは信頼のある値であるとは言い切れないものでした。

『いぶき』は地球の周りをまんべんなくぐるぐるとまわりながら、5万6千点、ほぼ地球全体をまさに網の目の細かさで測定することができるようになった。今、世界中の温暖化の研究者たちが、そのデータをよりどころにしています。こんなに直接的に環境問題に貢献しているすごい衛星が成功しているのは、今のところ日本だけなんですが・・・ほとんど知られていないのは残念ですね」

 確かに、いぶきについて華々しく報じられたという記憶はない。「地味だからニュースになりにくいんですよねえ。はやぶさだけじゃなくて、こちらにも注目してほしい(笑)。日本は、ほかにも衛星からの海洋観測とか森林など陸域の観測にも力を発揮しているんですよ」

 自然を測定する分野で日本が力を発揮できるのは、「儲けるため」よりも「自然をもっと知りたい、という純粋な気持ちから、基礎的な研究に意義を感じる文化があるから」。
「日本人が科学の分野でノーベル賞をこんなにたくさんとっているのは、そういう文化の表れなのかもしれません」

海の生物は陸を目指した地球の生物は宇宙を目指す

画像提供/JAXA

 なぜ人間は宇宙を目指すのか。

 長く考え続けてきたこの問いへの答えを、毛利さんは二度目の宇宙飛行体験で得た。

「生命の進化の過程で人間は地球から飛び出したのではないでしょうか。カンブリア紀の生物が、海から陸地へと飛び出したように」

 5億5千万年前、海の中で多種多様な生物が大量に誕生したカンブリア紀。やがて、彼らの一部は生きるための新しい場を求めて陸地へと向かった。同じように今、人類は地球から宇宙へと向かい始めた---。

「現在地球上にいる生き物は5千万種。46億年の生命の歴史のなかで、こんなにいっぱいになったことはなかった。中でも、急速に増えたのは、人間です。生物の体を形作るタンパク質を自ら作り、DNAを操作できるようになった。消費するエネルギーはどんどん増大して、その結果自分たちが出した二酸化炭素が、ほかの生物にも影響を与え始めている。地球に存在できる人間の数の限界が近付いているんです」

次ページ  そんな危機的な状況を、ことさ…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ